皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 9:00~21:00
(年末年始を
除く)

無  料プロに相談

【ワクチンの職域接種完了】当社のコロナ対策について

保険市場用語集

損害保険料控除制度(損害保険料控除)

読み方:そんがいほけんりょうこうじょせいど(そんがいほけんりょうこうじょ)

損害保険料控除制度(損害保険料控除)とは、火災保険等の契約により保険料を支払う場合、その保険料に応じて一定額の所得税や住民税が契約者の課税所得(個人や法人の利益を対象として課される税金)から差し引かれることをいう(平成19年分から廃止)。
ただし、一般的に自動車保険の保険料に関しては損害保険料控除の対象とはならない。
生命保険の場合には、生命保険料控除(生命保険料控除制度)がある。
生命保険料控除・介護保険料控除とは、納税額の算出時に払い込んだ保険料の金額によって「所得税」と「住民税」の負担が軽減される仕組みのことである。

関連用語

火災保険
火災保険とは損害保険のひとつであり、火災などによっ…
契約
「契約」とは、私法上、相対する二者以上の意思表示の…
所得税
保険金や給付金を受け取るときには、税金がかかる場合…
自動車保険
自動車保険には、すべての自動車が加入しなければなら…
住民税
住民税とは保険金や給付金を受け取るときには、かかる…
生命保険
人が生活をする上において、さまざまなリスク(危険)…
生命保険料控除
生命保険料控除とは、納税額の算出時に払い込んだ保険…
保険料
保険料とは、被保険者が被るリスクを保険会社が負担す…
ページトップへ ▲