皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

カテゴリを選ぶ

年齢・性別を選ぶ

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00 (年末年始を除く)

迷ったらプロに相談(無料) 近くの店舗を探す

先日、料理中に、足にお湯をこぼしてやけど…

東京都:ぴなぴなさん(40)

先日、料理中に、足にお湯をこぼしてやけどをしました。膝の上に5mmくらいのケロイドができてしまい、色が濃く目立ってしまいます。
レーザー治療を考えていますが、健康保険の範囲内で、治療ができるのでしょうか?どの程度まで、目立たなくなるのでしょうか?また、切除術も可能でしょうか?術痕が残ってしまわないか心配です。

やけど後のケロイド治療についてお答えします。

ケロイドの保存的治療について

足にお湯をこぼした部分がケロイドになってしまったということですね。ケロイドに関しては、大きく分けて二通りの治療法があり、「保存的治療」と「手術および放射線治療」と呼ぶことができます。それぞれについてご説明をしていきたいと思います。

保存的治療には、柴苓湯(さいれいとう)という漢方薬やトラニラストと呼ばれる内服薬による治療や、ステロイド軟こうやヘパリン類似物質を含む外用薬を患部に塗ること、ステロイドのテープを貼ること、液体窒素などでケロイド部分を凍結・壊死させる方法、ステロイドの注射をケロイド部分に打つ方法、そしてご相談者さまが考えていらっしゃるというレーザー治療などが含まれます。

レーザー治療に関しては、レーザーの種類などを含めさまざまなやり方があり、一長一短ですので、受診される医療機関で詳しく説明を受けられることをおすすめします。大きさによっては何回かに分けてケロイド部分を縮めていき、ケロイドが平らになってきたら、今度は血管に反応するレーザーを用いて赤みを取る、といった方法がよく行われているようです。レーザーによるケロイド治療は、基本的に保険適用外になり、小さなものであっても数万円程度かかることが多いようで、皮膚科や美容皮膚科、美容形成外科といった科が専門になります。

ケロイドの手術および放射線治療について

また、もう一方の手術および放射線治療に関してですが、手術については肥厚している部分を切り取り、突っ張りを解除する手術を行うことになります。ご相談者さまのように小さなものが一つであれば、入院でなく日帰りで、局所麻酔で行える施設も多いかと思います。切除した後で、傷が広がったり、引きつれたりしないように一定期間、しっかりテープや装具で固定を行うことも、きれいな傷の治りのために非常に重要です。

ケロイドの種類として、「真性ケロイド」と呼ばれる傷の範囲を超えて増大するタイプのもの(肩や胸に多く体質的な要素が強い)であれば、再発防止のため手術の後、放射線治療を行いますが、傷の範囲にとどまるタイプの「肥厚性瘢痕」(ひこうせいはんこん)であれば、手術と固定のみで放射線は使わないようです。ケロイドの治療を行うと、赤みやふくらみ、かゆみが減り、かなり目立たなくなることが多いですが、完全になくなるということではないので、そのあたりも処置を受けられる前に、担当の医師によく確認されることをおすすめします。
どうぞお大事にしてください。

Doctors Me(ドクターズミー)が保証している医師が回答しています

医療保険を探す

合わせて読みたい

資料請求したい方はこちら

医療保険・入院保険を一括比較シミュレーション!

今すぐ相談したい方はこちら

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00

店舗で保険のプロに無料相談!

全国592店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2020年4月1日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

平日  9:00~21:00 土日祝 9:00~21:00
(年末年始を除く)

2019年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲