皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 9:00~21:00
(年末年始を
除く)

無  料プロに相談

【ワクチンの職域接種完了】当社のコロナ対策について

選べる3つの相談方法

引受保険会社 メディケア生命

新メディフィット リターン 医療終身保険(無解約返戻金型)(20) 健康還付給付特則 適用

  • 通販
  • 対面
  • ネット申込
  • 法人
  • 保険市場オリジナル

商品概要

  • 給付金のお受取りがなかった場合、お払い込みいただいた主契約の保険料の全額もしくは全額超が戻ってきます。
  • 健康還付給付金をお受取りいただいた後も、加入時の保険料のまま月々の保険料は変わりません。
  • しっかりとした入院・手術などの保障があり、いざというときも安心です。
  • 各種特約を付加することにより、さらに安心をプラスできます。
この保険の資料をもらう 保険相談する

新メディフィット リターンの保障内容

医療終身保険(無解約返戻金型)(20) 健康還付給付特則 適用

入院【特定3疾病入院無制限給付特則】 60日型

日帰り入院から※1保障

1回の入院のお支払限度は60日です。

※1 日帰り入院とは、入院日と退院日が同一の日である入院をいい、入院基本料のお支払いの有無などを参考にして判断します。

特定3疾病による入院は支払日数無制限

特定3疾病とは
がん
心疾患
脳血管疾患
【お支払限度について】
病気による入院
60日限度通算
1095日
特定3疾病による入院
支払日数無制限

* ケガによる入院の場合は、1回の入院のお支払限度は60日、通算限度は1095日。

手術【Ⅱ型】

公的医療保険制度対象手術を保障

体への負担が少ない術式があります!
穿頭器・胸腔鏡・腹腔鏡を使用した手術も「開頭術」「開胸術」「開腹術」に含みます。

「創傷処理」など手術給付金をお支払いできない手術が7種類あります。

放射線治療【Ⅱ型】

病気・ケガによる公的医療保険制度対象の放射線治療を保障
総線量(グレイ数)による給付の制限はありません。

放射線治療給付金のお支払限度は60日に1回です。

骨髄移植術【Ⅱ型】

病気による公的医療保険制度対象の骨髄移植術を保障

骨髄ドナー【Ⅱ型】

骨髄幹細胞の採取手術を保障

骨髄ドナー給付金について、責任開始日からその日を含めて1年以内に骨髄幹細胞の採取手術を受けられたときはお支払いの対象となりません。

先進医療・患者申出療養特約(21)

先進医療または患者申出療養による療養を一生涯保障
  • ● 通算2,000万円限度 先進医療・患者申出療養給付金と先進医療・患者申出療養一時給付金の通算となります。
  • ● 先進医療・患者申出療養給付金(技術料相当額(自己負担額))+先進医療・患者申出療養一時給付金15万円をお支払い

療養を受けられた日現在において、先進医療または患者申出療養に該当しないときはお支払いできません。

入院一時給付特約(20)

日帰り入院から、入院一時給付金(一時金)をお支払い

入院を2回以上された場合でも、継続した1回の入院とみなされるときは、入院一時給付金は1回分のみお支払いします。

通院治療特約(20)

退院後の通院を保障
通院治療給付金の表

特定損傷特約

病気やケガによる骨折などを80歳まで保障

骨粗しょう症による骨折、き裂骨折(ひび)、疲労骨折なども対象

お支払い理由の概要
病気やケガ 疾病または傷害による骨折に対して治療を受けられたとき
ケガ 不慮の事故による傷害により、その事故の日から180日以内に、関節脱臼、腱の断裂、靱帯の断裂または半月板の断裂に対して治療を受けられたとき

腱の断裂および靱帯の断裂については、ギプス等による固定や手術を要しない場合はお支払いの対象となりません。

半月板の断裂については、手術を要しない場合はお支払いの対象となりません

8大生活習慣病入院特約(20) 60日型

8大生活習慣病による入院を手厚く保障
8大生活習慣病とは
がん
心疾患
脳血管疾患
糖尿病
高血圧性疾患
肝疾患
すい疾患
腎疾患

女性医療特約(20) 60日型

女性疾病による入院、女性特定手術・乳房再建術を手厚く保障
  • ● 女性特定手術給付金(乳房手術・子宮摘出術・卵巣摘出術)は、一部を切除・一部を摘出する手術でも全額お支払いします。
  • ● 女性特定手術給付金(乳房手術)のお支払いの対象となった乳房に対する乳房再建術を保障します。
女性医療特約(20)のイメージ
  • ※2 ラジオ波焼灼療法、集束超音波治療、凍結療法等を含む
  • ※3 がんの罹患後に、がんと診断確定されていない乳房、子宮または卵巣(がんを治療したことにより、がんが認められない状態となった乳房、子宮または卵巣を含みます。)に対し、がんの発病の可能性を低減することを目的として受ける手術のことをいいます。

【女性疾病の例】

女性特有の
病気
子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣のう腫、乳腺症、異常分娩(例:帝王切開) など
女性に多い
病気
鉄欠乏性貧血、低血圧症、リウマチ、膀胱炎、胆石症、メニエール病、骨粗しょう症 など
すべての
がん
乳がん、子宮がん、肺がん など

責任開始日から90日以内に診断確定されたがんによる乳房手術はお支払いできません。

診断および生検等の検査のための手術、子宮頚管ポリープ切除術などは女性特定手術給付金のお支払いの対象となりません。

乳房再建術給付金のお支払限度は1乳房につき1回です。

特定疾病一時給付特約

がんなどの特定3疾病一時金で保障
特定疾病一時給付特約のイメージ

責任開始日から90日以内に診断確定されたがんはお支払いできません。

お支払限度は各一時給付金ごとに1年に1回です。

*公的医療保険制度対象となる手術が保障対象となります。

薬剤治療特約(21)

抗がん剤(所定の自由診療も含む)などの特定3疾病薬剤治療を保障
薬剤治療特約(21)のイメージ

※4「欧米で承認されている所定の抗がん剤治療」とは、欧州医薬品庁(EMA)またはアメリカ食品医薬品局(FDA)の承認を受けた抗がん剤治療です。

対象疾病の治療に使用されるすべての薬剤を対象とするものではありません。

自由診療抗がん剤治療給付金について、自己負担のない治験として受けられた抗がん剤治療はお支払いの対象となりません。

心疾患、脳血管疾患の支払対象薬剤について、シクロオキシゲナーゼを阻害する医薬品およびその配合剤にはお支払いの対象外となるものがあります。(〔お支払いの対象外となる薬剤の例〕アスピリン、アスピリン・ダイアルミネート、アスピリン・ランソプラゾール配合剤
*記載の内容は2021年5月現在のものです。今後、変更になる場合があります。)

支払対象薬剤により治療中の場合等は付加いただけません。また、支払対象薬剤以外の薬剤により治療中の場合等も付加いただけないことがあります。

【自由診療:一般に公的医療保険制度対象外の治療のことをいいます。ここでは、この特約のお支払いの対象となる所定の自由診療(抗がん剤治療)を指します。】

ご検討にあたりご確認いただきたい事項

主契約について
  • 「傷の処理(創傷処理、デブリードマン)」「切開術(皮膚、鼓膜)」「抜歯手術」「骨、軟骨または関節の非観血的または徒手的な整復術、整復固定術および授動術」「異物除去(外耳、鼻腔内)」「鼻焼灼術(鼻粘膜、下甲介粘膜)」「魚の目、タコ手術(鶏眼・胼胝切除術)」は手術給付金のお支払いの対象となりません。
  • 放射線治療給付金のお支払限度は60日に1回です。
  • 骨髄ドナー給付金について、責任開始日からその日を含めて1年以内に骨髄幹細胞の採取手術を受けられたときはお支払いの対象となりません。
健康還付給付特則について
  • 健康還付給付特則のみの解約はできません。
  • 健康還付給付金支払日の前日までの間に入院給付日額または基本給付金額が減額された場合は、減額分に対する解約返戻金をお支払いします。なお、健康還付給付金支払日以後に減額される場合は、解約返戻金はありません。
健康還付給付金について
  • 健康還付給付金のお支払金額を計算する際の「既払込保険料相当額」には、特約の保険料は含みません。
  • 健康還付給付金のお支払金額を計算する際の「災害入院給付金等」には、特約の給付金等は含みません。
  • 災害入院給付金等のお支払金額によっては、健康還付給付金のお支払いはありません。
死亡保険金について
  • 健康還付給付金支払日以後は、死亡保険金はありません。
  • 災害入院給付金等のお支払金額によっては、死亡保険金のお支払いはありません。
解約返戻金について
  • 主契約については、健康還付給付金支払日前に限り解約返戻金があります。
  • 解約返戻金額は、保険料の払込年月数(保険料払込回数が年払いまたは半年払いのときは、その払込年月数に応じた経過年月数)および災害入院給付金等のお支払金額により計算します。なお、災害入院給付金等のお支払金額によっては、解約返戻金がまったくない場合があります。
  • ご契約後短期間で解約されますと、解約返戻金はまったくないか、あってもごくわずかです。
  • 主契約に付加された特約は、保険期間を通じて解約返戻金がありません。
先進医療・患者申出療養特約(21)について
  • 先進医療とは厚生労働大臣が定める医療技術で、技術ごとに決められた適応症に対し施設基準に適合する医療機関にて行われるものに限ります。
  • 患者申出療養とは厚生労働大臣が定める医療技術で、当該医療技術を適切に実施できるものとして個別に認められた、施設基準に適合する医療機関にて行われるものに限ります。
  • 療養を受けられた日現在において、先進医療または患者申出療養に該当しないときはお支払いできません。
  • 先進医療・患者申出療養一時給付金のお支払限度は60日に1回です。
  • 先進医療・患者申出療養給付金および先進医療・患者申出療養一時給付金のお支払いが通算して2,000万円に達したときは、その給付金のお支払理由が生じた時に、この特約は消滅します。
  • 先進医療または患者申出療養にかかわる技術料(自己負担額)が「0」である場合、先進医療・患者申出療養給付金および先進医療・患者申出療養一時給付金をお支払いしません。
  • 同一の被保険者において、先進医療給付(お支払金額が先進医療の技術料相当額である給付)のあるメディケア生命の特約を重複して付加することはできません。
入院一時給付特約(20)について
  • 入院を2回以上された場合でも、継続した1回の入院とみなされるときは、入院一時給付金は1回分のみお支払いします。
特定損傷特約について
  • 同一の外因によりお支払いする特定損傷給付金、同一の疾病かつ同時期に発生した骨折に対する特定損傷給付金、および脊椎の圧迫骨折に対する特定損傷給付金のお支払いは、それぞれ1回を限度としています。
  • 腱の断裂および靱帯の断裂については、ギプス等による固定や手術を要しない場合はお支払いの対象となりません。
  • 半月板の断裂については、手術を要しない場合はお支払いの対象となりません。
  • 特定損傷給付金のお支払いが通算して10回に達したときは、その給付金のお支払理由が生じた時に、この特約は消滅します。
8大生活習慣病入院特約(20)について
  • 8大生活習慣病入院給付金の支払日数が通算して1095日に達したときは、その1095日目の翌日からこの特約は消滅します。
女性医療特約(20)について
女性疾病入院給付金について
  • 特約の型が入院型の場合で、女性疾病入院給付金の支払日数が通算して1095日に達したときは、その1095日目の翌日からこの特約は消滅します。
女性特定手術給付金について
  • 責任開始日から90日以内に診断確定されたがんによる乳房手術はお支払いできません。
  • 異常分娩による手術、診断および生検等の検査のための手術、子宮頚管ポリープ切除術、卵管形成術などはお支払いの対象となりません。
乳房再建術給付金について
  • 乳房再建術給付金のお支払限度は1乳房につき1回です。
  • 皮膚の欠損部を被覆するための植皮術はお支払いの対象となりません。
特定疾病一時給付特約について
  • 責任開始日から90日以内に診断確定されたがんはお支払いできません。
がん保障型を選択された場合
  • 責任開始日から90日以内にがんと診断確定された場合は、この特約は無効となります。
薬剤治療特約(21)について
  • 抗がん剤治療給付金、自由診療抗がん剤治療給付金および特定薬剤治療給付金の支払対象薬剤は、薬剤治療を受けられた時点において、所定の要件(所定の医薬品分類に該当する等)を満たす医薬品が対象となります。支払対象薬剤に該当する医薬品かどうかは、「医薬品ナビ」でご確認ください。
  • 先進医療とは厚生労働大臣が定める医療技術で、技術ごとに決められた適応症に対し施設基準に適合する医療機関にて行われるものに限ります。
  • 患者申出療養とは厚生労働大臣が定める医療技術で、当該医療技術を適切に実施できるものとして個別に認められた、施設基準に適合する医療機関にて行われるものに限ります。
  • 自由診療抗がん剤治療給付金について、欧米で承認された所定の医薬品であっても、公的医療保険制度における評価療養の対象となる治験(医療機関によって定められた当該治験にかかる被保険者の負担額が「0」となる場合に限ります。)において使用された医薬品は、お支払いの対象となりません。
  • 抗がん剤治療給付金、自由診療抗がん剤治療給付金および特定薬剤治療給付金のお支払限度はそれぞれ同一月に1回です。
生命保険料控除について
  • 生命保険料控除には「一般生命保険料控除」「介護医療保険料控除」および「個人年金保険料控除」があります。
  • この商品については、お払込みになる保険料のうち、主契約の保険料は「一般生命保険料控除」の対象となります。特約の保険料は「介護医療保険料控除」の対象となります。

※2021年5月現在の税制にもとづき記載しております。今後変更される可能性があります。

注意事項:
  • ・ 現在の健康状態や職業によっては、ご契約をお引き受けできないことや条件をつけてお引き受けすることがあります。
  • ・ メディケア生命またはメディケア生命で委託した担当者が、ご契約のお申し込みの際やご契約成立後、お申込内容や告知内容について確認させていただく場合があります。
  • ・ お客さまへの資料到着などを確認させていただくため、募集代理店の担当者より電話をさせていただくことや、メールを送らせていただくことがあります。
  • 妊娠中のお客さまへ
    妊娠の状況によっては、ご契約をお引き受けできないことや条件をつけてお引き受けすることがあります。
  • ●ご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
引受保険会社
メディケア生命保険株式会社
〒135-0033  東京都江東区深川1-11-12

  • HP-M341-702-21065203(2021.6.1)
募集代理店
株式会社アドバンスクリエイト
〒541-0048
大阪府大阪市中央区瓦町3-5-7
野村不動産御堂筋ビル
TEL:0120-816-316
保険市場は募集代理店株式会社アドバンスクリエイトが運営しています。
気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲