皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日9:00~21:00 
土日祝10:00~18:00
(年末年始を除く)

相談する

年齢・性別を選ぶ

月払保険料

0120-816-316 平日9:00~21:00/土日祝10:00~18:00 (年末年始を除く)

迷ったらプロに相談(無料) 相談予約する

会社員・公務員が注意したい「ねんきん定期便」の見方

2020.10.02

会社員・公務員が注意したい「ねんきん定期便」の見方

「ねんきん定期便」が届いても、開かないまま捨てたり、しまい込んだりする方もいるかもしれません。

しかし、ねんきん定期便は「年金記録が間違っていないか」「老後にもらえる年金見込額はいくらか」を知るための大切な資料となります。

そこで今回は、会社員や公務員の方のために、ねんきん定期便の見方をご紹介します。

ねんきん定期便の内容は?

ねんきん定期便とは、これまでの年金記録(保険料の支払状況)や将来の年金受給に関する情報が記載されているもので、毎年誕生月(1日生まれの方は、誕生月の前月)に送られてきます。

ねんきん定期便は基本的には「はがき」ですが、節目年齢(35歳、45歳、59歳)には、より詳しい情報を確認できる封書の様式で届きます。

表 ねんきん定期便の様式と記載内容
※スクロールで表がスライドします。

様式 記載内容
はがき ・これまでの年金加入期間(全期間・月数)
・これまでの保険料支払額(累計額)
・最近の月別支払状況
・老齢年金の年金額
【50歳未満の方】これまでの加入実績に応じた年金額
【50歳以上の方】現在の要件が60歳まで継続するとした場合の年金見込額
封書
(35歳、45歳、59歳の方)
上記に加え
・これまでの年金加入履歴(勤務先の名称などが書かれた詳細なもの)
・これまでの厚生年金における標準報酬月額や標準賞与額の月別支払状況
・これまでの国民年金保険料の月別支払状況

資料:日本年金機構ホームページをもとに執筆者作成

老齢年金の年金額(50歳未満の方)

ねんきん定期便に記載されている老齢年金の年金額は、50歳を境に、異なる基準で算出されます。

50歳未満の方は「これまでの加入実績に応じた年金額」であり、これから先の期間については考慮されていません。

特に20代や30代の方は、これまでの加入実績がまだ少ないため、記載されている年金額も少ないことが多いでしょう。

会社員や公務員の方が加入している厚生年金は、加入期間が長く、また加入期間中の平均給与が高い方ほど年金額が高くなる仕組みとなっています。

今後も保険料を支払っていくことで、ねんきん定期便に記載される年金額は増えていきます。

老齢年金の年金額(50歳以上の方)

50歳以上の方の年金額は、「現在の加入要件で60歳まで継続して加入する」と仮定して算出された年金見込額です。60歳前に退職や給与変動があった場合などは、年金額も変わってきます。

また、「加給年金」や、会社員の方であれば「厚生年金基金や企業年金連合会から受給する年金額」が含まれていない点にも注意する必要があります。

図1 加給年金とは

  • 65歳未満の配偶者、または18歳までの子どもなどを扶養している場合に、老齢厚生年金に上乗せして受給できる年金額
  • 厚生年金の加入期間など、一定要件が設けられている

資料:執筆者作成

加給年金の要件に自分が該当するか分からないときは、年金事務所に聞いて確認してみると良いでしょう。

また、厚生年金基金や企業年金連合会から受給する具体的な年金額を知りたいときは、加入期間がある基金や連合会に問い合わせて確認する必要があります。

会社員や公務員が注意したい年金記録の確認方法

国がねんきん定期便を送る目的には、これまでの年金記録に漏れや誤りがないかを被保険者自身に確認してもらうことも含まれています。

図2にあるように、転職や出向、会社の合併や社名変更などがあった方は、特に注意が必要です。

もしも年金記録の漏れや誤りを見つけたら、早めに年金事務所や街角の年金相談センターで相談してください。

図2 年金記録の「漏れ」や「誤り」が多く発見されるパターン

  • 転職のたびに年金手帳が発行された方
  • 勤務先の会社が、その後、合併、社名変更、倒産した方
  • 同じ会社(グループ)内で転勤や出向を繰り返していた方
  • 試用期間中に退職した方
  • 保険の外交員、期間工などとして勤めていた方
  • いろいろな名前の読み方がある方
  • 退職後、結婚し姓が変わった方
  • 学生であったが国民年金に加入していた方
  • 夫(妻)の扶養家族であったが国民年金に加入していた方

資料:日本年金機構「こんな方はぜひ、年金記録に漏れがないかご確認を!」をもとに執筆者作成

また、ねんきん定期便に記載されているアクセスキーを「ねんきんネット」のWebサイトで入力すると、ユーザーIDが取得でき、ねんきんネットを利用できるようになります。

ねんきんネットとは、インターネットを通じて自分の年金の情報を確認できるサービスです。過去から最新までの全ての年金記録をいつでも閲覧できるだけでなく、今後の働き方や受給開始年齢などを自分で設定して、年金見込額を試算することもできます。

以前は「保険料の支払状況の反映が遅い」という声もあったようですが、現在は原則として毎日更新する取り組みが行われているため、最新の記録を確認しやすくなっています。

ねんきん定期便に記載されていない最新の年金記録や、老齢年金の年金額をより詳しく確認したいときなどに利用すると便利でしょう。

張替 愛の写真
執筆者 張替 愛 ハリカエ アイ
AFP/2級ファイナンシャル・プランニング技能士
大学で心理学を学んだ後、損害保険会社にて5年半勤務。その後、夫の海外赴任を機に独立を決意。育児をしながら在宅でファイナンシャルプランナーとしての活動を始める。転勤族や、仕事と家庭の両立で悩む女性のために、オンラインでのマネー講座や個別相談を開催中。
FP事務所マネセラ代表
  • ※ この記載内容は、当社とは直接関係のない独立したファイナンシャルプランナーの見解です。
  • ※ 掲載されている情報は、最新の商品・法律・税制等とは異なる場合がありますのでご注意ください。

資料請求したい方はこちら

個人年金保険を一括比較シミュレーション!

今すぐ相談したい方はこちら

0120-816-316 平日9:00~21:00/土日祝10:00~18:00

店舗で保険のプロに無料相談!

全国678店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2020年11月26日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

平日  9:00~21:00 土日祝 9:00~21:00
(年末年始を除く)

2020年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲