皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

知っておきたい自転車保険のアレコレ!

自動車保険の自転車特約との違い

自動車保険のオプションの中に、「自転車特約」(商品によって特約名は異なる)があれば、自転車事故への補償を付帯することができることをご存じですか?

人身傷害補償保険と自転車特約

自動車保険の基本的な補償の中に、人身傷害補償保険があります。これは自動車との事故により治療費用などが必要になったときに保険金が支払われるものです。契約している自動車に乗車中の事故の場合のみ補償されるものもありますが、契約している自動車以外の車に乗っているときや歩行中、また自転車に乗っているときに、自動車との事故に遭った場合にも補償を受けられる契約にできるものもあります。ただし、一般的に対自動車の事故であることが補償を受けられる要件となることには注意が必要です。

一方、自動車保険にオプションで付帯できる自転車特約は、自転車走行中に転倒したり、歩行中に他人の乗っている自転車とぶつかってケガをしたりといった場合に保険金が支払われるものや、自転車に走行中や搭乗中の事故による自分のケガだけでなく、他人をケガさせてしまったり、他人の財物を壊してしまったりした場合に保険金が支払われるものがあります。人身傷害補償保険が対自動車の事故に限られているのに対して、自転車特約は、単独事故、対歩行者、対自転車の事故への補償を受けられるという点が、人身傷害補償保険と異なる点といえます。

自転車保険と自転車特約の違いは?

対自動車以外の事故への補償も受けられる自転車特約は、傷害補償をメインとするものと損害賠償責任補償をメインとするものとがあり、どちらの補償も全て兼ね備えているとは限りません。一方、自転車保険の場合、自転車事故によるケガと、自転車事故の相手に対する損害賠償に備えることができます。ただし、補償を限定して保険料を抑えているプランもあるため、補償内容をよく確認しましょう。

一般的に自転車保険には個人賠償責任補償がセットされていますが、自転車特約だけでは賠償責任リスクをカバーできないことがあります。過去の自転車事故の裁判事例をみると、数千万円にのぼる損害賠償の支払いを命じられているケースも存在します。ただし、自動車保険に個人賠償責任保険がセットされている場合、損害賠償責任リスクをカバーできる可能性があります。自転車事故も補償対象となるか、自動車保険の補償内容を今一度確認してみましょう。

既存契約の確認をしてみよう

自動車保険の人身傷害補償保険、自転車特約、そして自転車保険の内容を踏まえたうえで、必要な補償準備ができているかどうかを確認してみましょう。その上で、さらに補償の充実を効率的に図るためには何を選べばよいか考えてみるとよいでしょう。

※本記事は、2017年7月21日に掲載された記事です。そのため、記事内容は掲載日のものであり、現在と情報内容が異なっている場合がございますので、本記事の閲覧・利用等に際しては、ご注意ください。

自転車保険を詳しくみる

今すぐ相談したい方はこちら

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00

店舗で保険のプロに無料相談!

全国309店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2019年9月19日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

平日  9:00~21:00 土日祝 9:00~21:00
(年末年始を除く)

2019年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲