皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日9:00~21:00
(土日祝 年末年始を
除く)

相談する

知っておきたい自動車保険のアレコレ!

通販型自動車保険の特徴

通販型自動車保険は、保険を検討している人が保険商品の申込書を郵送したり、電話やインターネットから直接保険会社にアクセスしたりして、見積りや契約などができる自動車保険になります。代理店を介さずに契約できるため「ダイレクト型」とも呼ばれています。
以下、代理店型自動車保険(以下:代理店型)と比較しながら通販型自動車保険(以下:通販型)の特徴をみていきます。

通販型自動車保険の保険料がお手頃価格な訳

保険料の内訳は、純保険料と付加保険料の2つに分かれます。
純保険料は、契約者に対して保険金を支払う原資になります。
付加保険料は、広告費や人件費、代理店への手数料、店舗経費、保険会社の利潤などを賄う原資になります。

純保険料は、一般的に損害保険料率算出機構の参考純率をもとに算出します。純保険料は、契約者の年齢や等級などが同じであれば、金額的に代理店型と通販型で大きな開きがでない部分になります。

代理店型の付加保険料には、代理店への手数料が含まれています。通販型は、保険会社がダイレクトに顧客と契約しますので、人件費や店舗経費などが削減でき、代理店への手数料もありません。その部分のコストをカットできることで、同じ補償内容でも保険料をお手頃に抑えたり、割り引きをしたりすることが可能になります。

保険選びのときの利便性は

代理店型は対面販売が基本になります。代理店を訪問するか担当者に自宅などに来てもらい保険内容の説明や見積りを出してもらうため、時間の制約を受けることになりますが、疑問点等をその場ですぐに確認できるというメリットもあります。

一方、特にインターネットによる通販型の場合は、24時間いつでもお好きな時間に保険内容の検討や見積りを出すことができます。対面に比べ、さまざまな条件で見積りを出し、時間を掛けて保険内容の比較検討することができます。また、他の保険会社との保険料の比較を気兼ねなくできる点も通販型の利便性の1つになります。
ただし、保険内容で不明な点や質問事項があった場合は、代理店型の対面販売に比べ、質問内容を整理して電話やメールで問い合わせを行うことが必要となる点や、通販型の利便性を活用するには、ある程度自動車保険の内容や用語の意味などを理解しておくことが必要になります。

契約後の対応に関して

事故を起こした場合の対応については、代理店型も通販型も大きな違いはありません。

そのため、担当者の顔をみて直接説明を受けて契約を進める方が安心というのであれば、代理店型を選択すると良いでしょう。もし、特にその点が気にならないようであれば、保険料が比較的お手頃な通販型を選択するのも良いでしょう。

※本記事は、2017年8月31日に掲載された記事です。そのため、記事内容は掲載日のものであり、現在と情報内容が異なっている場合がございますので、本記事の閲覧・利用等に際しては、ご注意ください。

保険料を一括比較したい方はこちら

自動車保険を一括比較シミュレーション!

今すぐ相談したい方はこちら

0120-816-316 平日9:00~21:00(土日祝 年末年始を除く)

自動車保険 満足度総合ランキング

※2018年2月8日~3月5日に調査したアンケートの回答から算出した総合満足度の加重平均値を元に保険市場が作成

店舗で保険のプロに無料相談!

全国686店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2021年2月28日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

平日  9:00~21:00 土日祝 9:00~21:00
(年末年始を除く)

2020年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲