皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日9:00~21:00
(土日祝 年末年始を
除く)

無  料プロに相談

知っておきたい自動車保険のアレコレ!

自動車保険の料率クラス

掲載日:2017年5月12日

更新日:2020年6月19日

自動車保険の保険料は、運転する車(契約車両)によっても保険料が異なります。
契約車両で保険料を区分するベースになるのが、「型式別料率クラス」(以下:料率クラス)です。
以下、料率クラスについてみていきましょう。

料率クラスの仕組み

料率クラスは、毎年見直され、車の型式ごとの事故実績に基づいてクラスが設定されます。
事故実績とは、保険金支払い実績を意味します。一般的な事故の認識とは若干イメージが異なるかもしれません。

料率クラスは自家用乗用車(自家用普通乗用車・自家用小型乗用車)と自家用軽四輪乗用車に対して「対人賠償責任保険」「対物賠償責任保険」「搭乗者傷害保険」「車両保険」の4項目を評価し、それぞれクラスを設定します。

自家用乗用車は、1~17の17クラスに分かれ、保険料は、1が最も安く、17が最も高くなります。各クラス間の保険料率の較差は約1.1倍で、保険料の最も安いクラスと最も高いクラスの保険料率の較差は約4.3倍です。

また、自家用軽四輪乗用車は、1~3の3クラスに分かれ、保険料は、3が最も高くなります。各クラス間の保険料率の較差は約1.1倍で、保険料の最も安いクラスと最も高いクラスの保険料率の較差は約1.2倍です。

料率クラス 設定のイメージ

  • 自家用乗用車の料率クラスの設定イメージ
  • 自家用軽四輪乗用車の料率クラスの設定イメージ

一般的なコンパクトカーは、4項目とも料率クラスは低めです。逆に高級車やスポーツカー等は、料率クラスが高くなることが多いようです。コンパクトカーと比べて、盗難の危険性が高く、車体やその部品などが高額のため、特に「車両保険」の項目が高く設定されるようです。

料率クラスの算定方法

料率クラスは損害保険料率算出機構が、毎年「対人賠償責任保険」「対物賠償責任保険」「搭乗者傷害保険」「車両保険」ごとに、車の型式別に事故実績を算出します。
仮にAさんが契約している保険の契約条件や等級が、前年と変わらないとします。しかし、契約しているAさんの車と同じ型式の車で、前年に事故が急増した場合、料率クラスが上がり昨年に比べ保険料は高くなります。

車選びのときには、型式の確認も

SUV、セダン、クーペ、ワゴン、コンパクトカーなど購入する車のタイプが決まったら、ディーラー等に確認しながら、個々の車種別に料率クラスを調べてみましょう。
また、型式は同じ車種や年式の車でも、FF(前輪駆動)や4WD(4輪駆動)などの駆動方式の違いや、排気量などで料率クラスは変わります。

マイカー購入後の維持費のなかで、保険料の占める割合は比較的高くなります。維持費を抑えたい場合は、商品や補償内容だけでなく、型式でもパターンを変え、保険料を算出して比較検討することをおすすめします。

※掲載されている情報は、最新の商品・法律・税制等とは異なる場合がありますのでご注意ください。

保険料を一括比較したい方はこちら

自動車保険を一括比較シミュレーション!

今すぐ相談したい方はこちら

0120-816-316 平日9:00~21:00(土日祝 年末年始を除く)

自動車保険 新着コラム

自動車保険 満足度総合ランキング

※2018年2月8日~3月5日に調査したアンケートの回答から算出した総合満足度の加重平均値を元に保険市場が作成

店舗で保険のプロに無料相談!

全国707店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2021年5月6日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

平日  9:00~21:00 土日祝 9:00~21:00
(年末年始を除く)

2021年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲