皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

知っておきたいペット保険のアレコレ!

フェレットのペット保険

最終更新日:2017年6月15日

ペットといえば犬や猫が主流ですが、最近はペットとして飼う動物の種類も多様化しています。そのなかで、フェレットといったイタチ科に属する肉食性の哺乳小動物をペットとして飼う方もいらっしゃいます。フェレットは犬や猫のように人間に懐き、飼い主との遊びを好むといわれ、ペットとして癒されるのも人気の理由です。では、万一、フェレットが病気になったときのための備えとして、ペット保険はどのような内容になっているのでしょうか?

フェレットの病気やケガについて

フェレットは、可愛らしいだけでなく、活発で好奇心も強い動物です。イタチ科に属する純粋な肉食動物であることも考慮しながら餌や飼育する環境を整える必要があり、適切な環境にない場合には、他のペットと同様にさまざまな病気やケガを引き起こしてしまう可能性があります。

例えば、暑さに弱い動物であることから熱中症にかかりやすく、夏場は常にエアコンをつけておくなど、部屋が高温多湿状態にならないように注意が必要です。
風邪のシーズンになれば、人間のインフルエンザに感染することもあり、飼主やその家族のインフルエンザにも注意を払っておく必要があります。

また、フェレットには独特な臭いがあります。臭いが気になるときは、シャンプーをしてあげましょう。頻繁にシャンプーをするよりは、すこしの臭いであれば体にかけても大丈夫な消臭スプレーやペット用のボディタオルを使うとよいようです。なお、耳あかは臭いや耳ダニの原因にもなるため、こまめに耳掃除をしてあげるとよいでしょう。
では、フェレットがかかる病気にはどんなものがあるのでしょうか?

フェレットのかかりやすい病気(一例)
・耳ダニ
・副腎腫瘍
・インスリノーマ(膵島細胞種)
・リンパ腫
・インフルエンザ
・犬ジステンパーウイルス感染症
・フィラリア症…蚊が媒介するフィラリアの寄生による疾患

フェレットは、購入後の健康診断や予防接種が必要です。その後は、半年に1回または1年に1回など定期的に健康診断を行うとよいでしょう。では、いざ、病気やケガになった場合の診療費はどのくらいかかるのでしょうか?

フェレットの疾患別、年齢別の1頭あたり年間診療費(通院・入院・手術を含む)
※スクロールで表がスライドします。

(円)

疾患 0歳 1歳 4歳 6歳 0~6歳平均
循環器疾患 31,643 7,725 92,842 76,602 44,188
呼吸器疾患 10,167 6,806 61,233 68,339 35,865
消化器疾患 24,264 28,196 80,611 25,876 45,198
肝・胆・膵疾患 92,929 49,321 141,556 87,921
泌尿器疾患 88,992 132,429 43,391 60,468 75,629
生殖器疾患 1,080 7,237 224,208 6,580 47,121
神経疾患 48,924 66,647
眼の疾患 4,644 11,520 4,806 8,932
耳の疾患 7,915 15,606 2,074 37,962 11,731
歯・口腔疾患 26,208 15,784 29,518 30,923 21,403
筋骨格系疾患 8,640 61,037 35,357 21,703
皮膚疾患 19,241 5,280 19,165 18,604 16,201
血液・免疫疾患 34,370 85,160 83,669 24,293 58,738
内分泌疾患 98,839 87,597 99,292 93,208
感染症 99,120 65,845 17,496 109,067 103,249
寄生虫症 14,768 3,161 1,622 2,700 5,113
損傷 8,400 3,115 79,876 3,456 16,904
腫瘍 55,377 86,667 172,305 151,306 108,186
症状 28,352 30,085 100,265 126,318 76,244

資料:アニコム損害保険株式会社「家庭どうぶつ白書2016」をもとに作成

アニコム損害保険株式会社で実際に請求のあった1年間の平均診療費をみてみると、0~6歳平均では「眼の疾患」や「寄生虫症」の平均は1万円以下となっていますが、「感染症」や「腫瘍」の平均は10万円を超えています。また、年齢によって、「肝・胆・膵疾患」や「泌尿器疾患」、「生殖器疾患」の平均は10万円以上かかっています。

フェレットのペット保険

ほとんどのペット保険では、フェレットは対象外になっています。そのなかで、ごく一部のペット保険では、フェレットを対象にしている商品があります。

フェレットのペット保険に加入する際は、保険料だけでなく、補償内容とともに新規加入できる年齢について確認しておきましょう。

一般的に新規加入できる年齢は保険会社によって異なり、保険料はフェレットの種類や大きさに関係なく、保険料は一律です。補償内容は通院、入院、手術を対象としています。一度加入をすると、ペットが高齢になったり、病気になったりした場合でも補償の継続は可能な場合があります。

フェレットが加入できるペット保険は限られているのが現状です。飼主としては、フェレットから癒しを与えてもらう代わりに、しっかりと健康管理を行ってあげましょう。そして、万一病気やケガをした場合の治療費用の備えは、ペット保険などで確保しておくと安心でしょう。

※掲載されている情報は、最新の商品・法律・税制等とは異なる場合がありますのでご注意ください。

ペット保険を詳しくみる

今すぐ相談したい方はこちら

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00

店舗で保険のプロに無料相談!

全国332店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2018年8月16日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

平日  9:00~21:00 土日祝 10:00~18:00
(年末年始を除く)

2018年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲