<運営>
株式会社アドバンスクリエイト

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

契約者の年齢・性別を選ぶ

子どもの年齢を選ぶ

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00

迷ったらプロに相談(無料) 近くの店舗を探す

学資保険のよくあるご質問

貯蓄をしていれば学資保険は必要ありませんか?

最終更新日:2016年10月13日

「貯蓄」だけでもお子さまの教育資金を貯めていくことは可能ですが、「学資保険」と併用していくことをおすすめします。
金融機関を利用した貯蓄は、何かの目的をもって目標額を貯める方法として、最も身近な方法でしょう。
しかし、効率よく教育資金を貯めるには、学資保険との併用が有効だと思います。

万一の時の保障も兼ね備えた学資保険。短期で解約した際には「元本割れ」のリスクが

多くの学資保険には、契約者が「死亡または所定の高度障害状態」に該当した場合には、それ以降の保険料の払い込みが免除された上、予定の「祝い金」「満期金(満期保険金)」が受け取れる「保険料払込免除特則」という「保障」が付加されています。
契約者(家計を支えている人)に万一のことがあった場合には、世帯の収入が減り、それまでと同じように教育資金を貯蓄することが難しくなることが想像されます。保険料払込免除特則付きの学資保険なら、契約者に万一のことがあっても、予定していた教育資金を確保できます。
しかし学資保険は、祝い金や満期金(満期保険金)の受取期日前に資金が必要になった場合、多くは解約をすることになり、時期によってはそれまでに払い込んだ保険料より少ない金額しか受け取れない「元本割れ」が発生する場合があります。
このように学資保険を利用した「貯蓄」は、「万一の時」と「予定された出費」への対応方法として優れているといえます。

急な出費に対応できる預貯金

金融機関を利用した預貯金の特徴を見てみましょう。
最も身近な「普通預金(通常貯金)」は、月々に預け入れる金額を自分の都合で決めることができますが、学資保険だと契約時に決められた保険料を定額で払い込まなければなりません。
また、急な出費が発生した場合、預貯金であれば自由な時に自由な金額を引き出せるのも魅力です。

ほとんど増えないのが預貯金の難点

現在の金利情勢では、預貯金の場合、お子さまが誕生されて大学に進学されるまでの期間では、預けた資金はほとんど増えません。
大手都市銀行の普通預金の金利は、2016年8月現在で0.001%程度です。これは100万円のお金を18年間預けても、約180円しか増えないレベルです。さらにこの180円には「利子所得」として税金が20.315%かかるため、実質143円となります(返戻率に換算すると100.01%)。
比較的金利が高いとされていた定期預金(大手都市銀行の1年定期)でも、2016年8月2日現在、0.01%となっています。100万円に対し利子は100円、利子所得の税金を引くと80円程度になります。18年間、この定期預金を繰り返しても、約1,440円のプラスにとどまります(返戻率に換算すると100.14%)。
一方、学資保険にお子さまが0歳の時加入した場合、保険会社やプランにもよりますが、条件の良いものの場合、110%を超える返戻率になるものもあります。
18年間一定額を積み立てていくのであれば、預貯金にくらべ、学資保険はいたって効率的な「貯蓄」といえます。

急な出費や中学校までの教育費は預貯金で、高校・大学の費用は学資保険を

学資保険に効率よく貯蓄できる機能があるとしても、お子さまにかかるすべての教育費を一つの学資保険で賄うことはできません。
途中解約のリスクがあったり、祝い金だけで中学校までにかかる教育費総額を賄うことは難しいからです。
逆に預貯金だけで対応しようとした場合は、急な出費には対応できても、契約者に万一のことがあった場合、それ以降の貯蓄ができなくなる可能性があります。
以上のことから、教育資金に関しては、預貯金と学資保険をバランスよく併用して備えていくことをおすすめします。

※掲載されている情報は、最新の商品・法律・税制等とは異なる場合がありますのでご注意ください。

学資保険のよくあるご質問

資料請求したい方はこちら

学資保険を一括比較シミュレーション!

今すぐ相談したい方はこちら

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00

店舗で保険のプロに無料相談!

全国308店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2017年6月23日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

平日  9:00~21:00 土日祝 10:00~18:00
(年末年始を除く)

2017年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!
LINEでかんたん!お客さま情報の照会サービスはじめました!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲
チャットで質問する チャットで質問