皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

年齢・性別を選ぶ

月払保険料

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00 (年末年始を除く)

迷ったらプロに相談(無料) 近くの店舗を探す

2019.02.01

会社員・公務員の厚生年金保険料、知って得する豆知識

給与から天引きされている厚生年金保険料の仕組みについて、熟知している方は多くないでしょう。会社員・公務員の厚生年金保険料は、報酬月額(以下「平均給与」という)をもとに算出されるため、人によって異なります。
このコラムでは、友人と給与や賞与の話題になったときや、転職や退職をするときに、知っておくと役立つ豆知識をご紹介します。

プライベートの無料相談会実施中 開催場所はこちら

平均給与1円の差で変わる厚生年金保険料

毎月の厚生年金保険料は、1カ月の平均給与を1~31等級に区分した標準報酬月額に当てはめて算出します。そのため、平均給与が1円違うだけでも、天引きされる厚生年金保険料の金額は変わることがあるといえます。

例えば、下記の表1のように、1カ月の給与の金額が約29万円であるAさんとBさんがいるとしましょう。平均給与が289,999円であるAさんの厚生年金保険料は25,620円となり、平均給与が290,000円であるBさんの厚生年金保険料は27,450円となることから、天引きされる厚生年金保険料がAさんとBさんでは月額1,830円変わると分かります。

表1 平均給与による厚生年金保険料の違い(一般・坑内員・船員の方の場合)
※スクロールで表がスライドします。

1カ月の
給与金額
平均給与
(報酬月額)
標準報酬月額 天引きされる
厚生年金保険料(注)
1カ月の差額
約29万円 Aさん 289,999円 18等級(28万円) 25,620円 1,830円
Bさん 290,000円 19等級(30万円) 27,450円

(注)厚生年金保険料は事業主と被保険者とが半分ずつ負担するため、被保険者の給与からは厚生年金保険料の半額が天引きされます。

資料:日本年金機構「保険料額表(平成29年9月分~)(厚生年金保険と協会けんぽ管掌の健康保険)」をもとに執筆者作成

残業手当や通勤手当によって変わる厚生年金保険料

厚生年金保険料の算出に使用される平均給与は、通勤手当や残業手当を含みます。そのため、基本給が同じであったとしても、厚生年金保険料は毎年上下することがあります。

(1)遠方への引っ越しで厚生年金保険料アップ

引っ越しなどで通勤手当が大幅に増えた場合、平均給与が上がり、厚生年金保険料も上がる可能性があります。この場合は、通勤手当が増えても、手元に残る給与の金額が増えるわけではないので、厚生年金保険料が上がって負担が増えたと感じるかもしれません。

(2)春から初夏にかけての残業で厚生年金保険料アップ

春から初夏にかけて繁忙期となる方のなかには、厚生年金保険料の負担が大きいと感じる方もいるかもしれません。なぜなら、毎年原則4月~6月の給与金額をもとに1年間の厚生年金保険料が決められるからです。
例えば、昨年は4月~6月の残業手当が0円で標準報酬月額が17万円(11等級)の方が、今年の4月~6月は月額5万円ほど残業手当をもらった場合、標準報酬月額が22万円(15等級)となります。その結果、9月から翌年8月までの天引きされる厚生年金保険料は、月額4,575円上がることになります。

厚生年金保険料が上がることを負担に感じる方もいるでしょう。しかし、厚生年金保険料が上がると、将来受給する老齢厚生年金の見込み額も上がるといえます。将来のための貯蓄だと捉えると、前向きな気持ちで保険料を支払えるのではないでしょうか。

退職日で変わる退職月の年金保険料の納付先

厚生年金は、退職した日の翌日に被保険者資格を喪失し、資格喪失日が属する月の前月分までの厚生年金保険料を納めることとなっています。つまり、月の途中で退職すると、退職月は退職する職場以外で年金に加入する必要が出てくるのです。
下記の表2を参考に、退職日や退職後の働き方に応じて、退職月の年金保険料を納付しましょう。

表2 退職月の年金保険料の主な納付方法
※スクロールで表がスライドします。

退職日 退職月末日の状況 国民年金の
被保険者種類
主な納付方法
月の途中 農業等に従事する方、学生、フリーター、無職の方など 第1号被保険者 納付書による納付や口座振替などにより自分で納付
転職先(厚生年金保険適用事業所)に勤務 第2号被保険者 転職先による給与天引きにより納付
第2号被保険者の扶養となる配偶者 第3号被保険者 自身において年金保険料納付の必要なし
月末日 転職前の職場に在籍 第2号被保険者 転職前の職場による給与天引きにより納付

資料:執筆者作成

退職後に国民年金の第1号被保険者となる場合は、お住まいの市区町村の役所にて、加入手続きをする必要があります。たとえ翌月から新しい職場で第2号被保険者となることが決まっていても、月の途中で退職したときには、退職月の年金保険料が未納とならないよう、忘れずに手続きを行って、納付するようにしましょう。

プライベートの無料相談会実施中 開催場所はこちら
LINE相談LINE相談
電話での相談予約はこちら電話での相談予約はこちら
張替 愛の写真
執筆者 張替 愛 ハリカエ アイ
AFP/2級FP技能士
大学で心理学を学んだ後、損害保険会社にて5年半勤務。その後、夫の海外赴任を機に独立を決意。育児をしながら在宅でファイナンシャルプランナーとしての活動を始める。転勤族や、仕事と家庭の両立で悩む女性のために、オンラインでのマネー講座や個別相談を開催中。
FP事務所マネセラ代表
  • ※ この記載内容は、当社とは直接関係のない独立したファイナンシャルプランナーの見解です。
  • ※ 掲載されている情報は、最新の商品・法律・税制等とは異なる場合がありますのでご注意ください。

資料請求したい方はこちら

個人年金保険を一括比較シミュレーション!

今すぐ相談したい方はこちら

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00

店舗で保険のプロに無料相談!

全国309店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2019年9月18日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

平日  9:00~21:00 土日祝 9:00~21:00
(年末年始を除く)

2019年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲