皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

年齢・性別を選ぶ

月払保険料

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00 (年末年始を除く)

迷ったらプロに相談(無料) 近くの店舗を探す

2020.02.28

第1号被保険者の保険料はいくら?

日本国内に居住している20歳以上60歳未満の方は国民年金の被保険者となり、国民年金保険料の支払い義務があります。

ここでは、国民年金の第1号被保険者の保険料の決まり方、支払方法や割引制度についてみてみましょう。

保険料の決まり方

国民年金の第1号被保険者は20歳以上60歳未満の自営業者・農業者、学生、無職の方などで、収入の状況はさまざまですが、所得にかかわらず原則として保険料は定額です。

2019年度の国民年金保険料は、1カ月当たり16,410円です。

毎年度の保険料は、2004年の制度改正で決められた基礎となる保険料に、物価や賃金の変動などから計算した「保険料改定率」を乗じて決まります。

基礎となる保険料は、2004年の制度改正により2017年度まで毎年280円ずつ引き上げられることになり、2004年度の13,300円から、2017年度には16,900円になりました。

さらに2019年度以降は、産前産後期間の保険料免除制度の施行に伴い、基礎となる保険料が月額100円引き上がり、17,000円となっています。

保険料改定率で計算された実際の保険料
※スクロールで表がスライドします。

年度 2004年度に決められた保険料 保険料改定率 実際の保険料
2005年度 13,580円 1.000% 13,580円
2006年度 13,860円 1.000% 13,860円
2007年度 14,140円 0.997% 14,100円
2008年度 14,420円 0.999% 14,410円
2009年度 14,700円 0.997% 14,660円
2010年度 14,980円 1.008% 15,100円
2011年度 15,260円 0.984% 15,020円
2012年度 15,540円 0.964% 14,980円
2013年度 15,820円 0.951% 15,040円
2014年度 16,100円 0.947% 15,250円
2015年度 16,380円 0.952% 15,590円
2016年度 16,660円 0.976% 16,260円
2017年度 16,900円 0.976% 16,490円
2018年度 16,900円 0.967% 16,340円
2019年度 17,000円 0.965% 16,410円
2020年度 (17,000円) (未定) (未定)

資料:日本年金機構ホームページ「国民年金保険料の額は、どのようにして決まるのか?」をもとに執筆者作成

国民年金保険料の支払方法と割引制度

国民年金第1号被保険者のうち、現金で支払っている方には、4月初旬に1年度分の納付書が送られます。

国民年金保険料は、納付書を使って最寄りの金融機関・郵便局窓口、コンビニエンスストアで支払う他、インターネットなどを利用して支払うこともできます。

また、口座振替やクレジットカード払いでの支払いも可能です。

保険料は納付期限までに支払う必要がありますが、まとめて前払いすると「国民年金前納割引制度」により割引が適用されます。

この国民年金前納割引制度には、現金払いやクレジットカード払いによる前納と、口座振替による前納や早割があり、方法によって割引額が異なることがあります。

こちらの記事も参考に

国民年金保険料は社会保険料控除の対象になる

国民年金保険料は社会保険料控除の対象になるのイメージ

個人事業主・自営業の方が支払う国民年金保険料は、全額が社会保険料控除の対象になるため、申告することで所得税・住民税の負担を軽減できます。

確定申告や年末調整で国民年金保険料を申告する際は、毎年11月上旬に日本年金機構から送られてくる「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」が必要になりますので、届いているか確認しておきましょう。

もう一つの第1号被保険者

40歳以上の方は、市区町村が運営主体の介護保険制度に加入します。

この介護保険の被保険者にも第1号被保険者と第2号被保険者があります。

国民年金制度と同じ呼び方ですが、介護保険の第1号被保険者は65歳以上の方が対象で、第2号被保険者は40~64歳の方が対象です。

内容を確認するときは間違いのないようにしましょう。

小山 智子の写真
執筆者 小山 智子 コヤマ トモコ
宅地建物取引士/AFP/2級FP技能士
専業主婦時代に、夫の借金を1,000万円肩代わりする。離婚後「お金を守る知識」の重要性を痛感。現在は、シングルマザーと独身女性の相談業務とマネー講座を中心に活動中。著書「誰にも頼れない女のお金の守り方」(秀和システム)。
鎌倉ウーマンライフプランニングオフィス 代表
  • ※ この記載内容は、当社とは直接関係のない独立したファイナンシャルプランナーの見解です。
  • ※ 掲載されている情報は、最新の商品・法律・税制等とは異なる場合がありますのでご注意ください。

資料請求したい方はこちら

個人年金保険を一括比較シミュレーション!

今すぐ相談したい方はこちら

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00

店舗で保険のプロに無料相談!

全国633店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2020年6月6日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

平日  9:00~21:00 土日祝 9:00~21:00
(年末年始を除く)

2020年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲