皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

年齢・性別を選ぶ

月払保険料

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00 (年末年始を除く)

迷ったらプロに相談(無料) 近くの店舗を探す

個人年金保険に入る前に知っておきたいこと

個人年金年額の受給平均額

掲載日:2020年2月5日

個人年金年額の受給平均額のイメージ

個人年金保険は、老後に備えて加入を検討する方が多い保険です。

「他の人は、将来どれくらいもらえるような個人年金保険に加入しているのだろうか?」と、気になることはありませんか?

夫婦がもらえる個人年金年額の平均はいくら?

夫婦がもらえる個人年金年額の平均はいくら?のイメージ

(公財)生命保険文化センター「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査」によると、世帯(夫婦)の個人年金保険の基本年金年額は102.5万円が全体平均となっています。

月額にすると、約85,400円を受給できる計算になります。

図1 世帯(夫婦)の個人年金保険の基本年金年額(全生保)

図1 世帯(夫婦)の個人年金保険の基本年金年額(全生保)のイメージ

資料:(公財)生命保険文化センター「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査」をもとに作成

夫婦がもらえる個人年金年額の平均はいくら?(ライフステージ別)

夫婦がもらえる個人年金年額の平均はいくら?(ライフステージ別)のイメージ

世帯(夫婦)の個人年金保険の基本年金年額をライフステージ別にみてみると、「40歳未満の夫婦のみ」が最も低くなっています。

また、「60歳以上の高齢夫婦(有職)の世帯」の基本年金年額が、「60歳以上の高齢夫婦(無職)の世帯」より低いのは、有職の世帯に収入があるからでしょう。

図2 世帯(夫婦)の個人年金保険の基本年金年額(全生保)

図2 世帯(夫婦)の個人年金保険の基本年金年額(全生保)のイメージ

資料:(公財)生命保険文化センター「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査」をもとに作成

老後を考える時期として、40代・50代は、子育てが終わる家庭も多く、老後に向けたセカンドライフステージの準備段階といえます。就業可能なうちに60代以降の収入不足を補えるため、貯蓄や年金原資を積み上げるチャンスになります。

(公財)生命保険文化センター「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査」によると、個人年金の給付開始年齢について、夫婦共に60歳と65歳に集中しますが、59歳以下で給付開始の方もいます。

個人年金保険は、世帯主の年金需要としてだけではなく、個人年金保険が有する金融商品としての特徴を生かして契約する方もいることが考えられます。

また、配偶者の契約には、金融商品としてだけではなく、世帯主の退職年齢に合わせた収入不足を補うための契約も含まれている、と推察できるでしょう。

そして60代からは、仕事をリタイアしたり、勤務先が変わったりすることで生活スタイルが変わる方もいるでしょう。しかし実際は、継続雇用される方の割合が多くなっています。

生活スタイルに変化が訪れ、公的年金を受け取るようになり、個人年金保険の給付と合わせて、年金などを収入として生活する時期がセカンドライフステージといえるでしょう。

老後に必要な生活費を補う個人年金保険

老後に必要な生活費を補う個人年金保険のイメージ

現在給付されている公的年金は、国民年金のみの場合が夫婦合わせて月額約13万円、夫が平均的収入(賞与含む平均標準報酬月額42.8万円)で40年間就業し、妻がその期間全て専業主婦であった世帯の場合の厚生年金では月額約22万円です。

公的年金は、法律により「物価変動率・名目手取り賃金変動率など」消費者物価指数の変化を踏まえ、毎年給付額が変動します。

そこで気になるのは「老後の生活消費に公的年金だけで足りるのか?」という問題です。

なお、(公財)生命保険文化センター「令和元年度 生活保障に関する調査」による意識調査では、夫婦の「最低日常生活費」は、月額平均で22.1万円でした。

厚生年金の標準的金額の給付を受けている夫婦なら、生活の最低線は維持できるでしょう。また、国民年金の方も前述の個人年金保険の受給年額平均を押さえれば、届く金額です。

しかし、最低のボーラーダインには、個人差があるので「公的年金で足りる」と、一概にいうことはできません。

もう一つの指標として「ゆとりある老後生活」という、趣味や旅行、レジャーなど充実した日常を楽しめる老後の生活費は、月額平均で36.1万円になっています。

これでは、厚生年金のみ受給される夫婦でも毎月約14万円不足となり、国民年金のみ受け取る夫婦においては約23万円も不足します。

このような公的年金の不足分を、補えるのが個人年金保険です。

低金利の時代ではありますが、通常の定額個人年金なら払込期間を通して予定利率が固定しているため、続ければ貯まるのが特長です。

個人年金保険は将来いくら必要かを考えて選択しよう

個人年金保険は将来いくら必要かを考えて選択しようのイメージ

個人年金保険を選ぶポイントは、公的年金では足りない老後の生活費を予測してプランニングすることです。

現在、60歳前後に差し掛かっている人は、厚生年金の報酬比例部分の支給開始年齢が後ろにスライドする年代です。最終的には、65歳に給付開始年齢が引き上げられます。

こうしたことも踏まえ、60歳から受け取れる個人年金保険を検討することも一案ですが、2017年3月には「働き方改革実行計画」も決定されており、60歳以降の継続雇用も多いことから、60歳定年という概念は必要ないでしょう。

また、法整備や会社側の受け入れ体制が進めば、66歳以降も積極的に働ける環境が実現可能だと思われます。

現在、深刻な人材不足にあるなかで、必ずしも60歳のリタイアを意識した年金原資づくりは、現実的ではないでしょう。

将来のための資金の準備方法として、さまざまな金融商品が登場しています。

個人年金保険だけに的を絞らずに、ライフプランと金融商品を検討し、しっかりと老後の資金計画を立てましょう。

※掲載されている情報は、最新の商品・法律・税制等とは異なる場合がありますのでご注意ください。

資料請求したい方はこちら

個人年金保険を一括比較シミュレーション!

今すぐ相談したい方はこちら

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00

店舗で保険のプロに無料相談!

全国595店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2020年4月3日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

平日  9:00~21:00 土日祝 9:00~21:00
(年末年始を除く)

2019年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲