アドバンスクリエイトは
東京証券取引所市場第一部銘柄指定
から1周年を迎えました。

当日予約OK!お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-318 平日9:00~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

ファイナンシャルプランナーが語る!「保険の本当の話」 ファイナンシャルプランナーが語る!「保険の本当の話」

47

生命保険の契約者が死亡した場合の、相続の取り扱いについて

掲載日:2014年10月28日

生命保険は、被保険者が死亡した場合、保険金が支払われます。では、契約者が死亡した場合、生命保険契約はどうなるのでしょうか?

今回は、生命保険契約において、契約者が死亡した場合、保険契約はどうなるかについてご案内いたします。

死亡保険で契約者=被保険者の場合

一家の大黒柱である夫が死亡した場合に、残された遺族の生活費等のために加入するというのが、生命保険のイメージだと思います。

この場合、契約者と被保険者が夫、保険金受取人が妻や子どもであり、被保険者である夫の死亡をもって保険金が支払われ、保険契約が終了します。受け取った保険金(一時金)は受取人の財産になりますが、相続税法上の相続財産として評価されます。受取人が法定相続人の場合、一定の範囲内で相続税が非課税になります。また、収入保障保険等、死亡保険金の受け取り方法を年金方式にした場合は、相続税法上の相続財産の評価において、後述する個人年金保険の「年金受給中に死亡した場合」と同じ扱いになります。

死亡保険で契約者≠被保険者の場合

例えば、契約者と受取人が夫、被保険者が妻とする生命保険に加入した場合、被保険者が死亡したわけではないので、契約者の相続人全員の共有財産として保険契約は継続します。

相続税法上は、解約返戻金相当額が相続財産として評価されます。この場合、相続人の中からその契約を相続して継続するか、契約を解約することになります。継続する場合は、被保険者の妻か子どもを契約者、受取人を子どもに変更するのが一般的です。なお、解約した場合は、受け取った解約返戻金には、死亡保険金のような相続税法上の非課税制度の適用はありません。

個人年金等で契約者=被保険者=年金受取人の場合

老後の生活資金の足しに加入した個人年金保険の場合は、契約者が死亡する時期によって、年金受給前と受給中で扱いが異なります。

1)年金受給前に死亡した場合
契約者=被保険者のケースで死亡した場合は、死亡保険と同じ扱いになり、死亡給付金が相続税の課税対象になります。なお、死亡給付金は解約返戻金相当額が支払われます。また、通常は、契約締結時に死亡給付金受取人を指定しておきます。
2)年金受給中に死亡した場合
個人年金のうち、「終身年金」「有期年金」については、年金受取人が死亡した時点で年金受給が終了します。ここでは、「保証期間付有期年金」「保証期間付終身年金」(ここでは保証期間付年金とします)「確定年金」における残りの年金受給権についてご案内します。

保証期間付年金、確定年金の残りの期間分の年金受給権は、相続財産として継承受取人に相続されます。この場合、年金の受け取りを継承することができます。また、死亡した時点で一時金として受け取ることもできます。その場合、将来受け取る予定の年金額を、現在価値に置き換えた割引率で控除した金額を受け取ることになります。なお、相続税法上は、①解約返戻金相当額、②一時金相当額、③予定利率を基に算出した金額のうち、いずれか多い方の金額が相続財産として評価されます。

医療保険等

医療保険の場合、契約者=被保険者の場合は、死亡給付金が給付金受取人に支払われて保険契約が終了します(死亡給付金が無い場合もあります)。契約者≠被保険者の場合、死亡保険と同様に、保険契約が相続財産になります。

まとめ

今回は、契約者が死亡した場合、その保険契約の取り扱われ方について、相続手続きと相続税の2つの視点でご案内しました。保険契約も財産なので、相続人がそれを相続することになり、その契約を継続するか解約するかは、相続した人が自由に選択することができます。

ご希望の契約者・被保険者・受取人の設定をプロがアドバイス

相談無料 店舗でプロに相談。お近くの店舗を探す!相談無料 店舗でプロに相談。お近くの店舗を探す!

※店舗は保険市場が運営する直営店、並びに協力店となります。

※商品によってはご希望の店舗でのお取り扱いがない場合がございます。

コラム執筆者プロフィール

松山 智彦の写真

松山 智彦(マツヤマ トモヒコ) (マイアドバイザー.jp®登録)

CFP®、講師業、ITコンサルタント、俳優。
1964年 大阪生まれ。証券会社・生損保のSEとして、また証券ネット取引システム立上げに参画。2003年にファイナンシャルプランナーとして独立、各種資格・セミナー講師等で活躍。また俳優ドナルド松山として、舞台、ドラマ、映画等に出演。

  • 監修者  山本 俊成
  • ※この記載内容は、当社とは直接関係のない独立したファイナンシャルプランナーの見解です。
  • ※掲載されている情報は、最新の商品・法律・税制等とは異なる場合がありますのでご注意ください。

メルマガ登録をして保険市場がご案内する各種コラムの更新情報やお得なキャンペーン情報を受け取ろう!

メルマガ『保険道場』ご登録はこちら

ご登録アドレスは大切にお預かりし、保険道場(メールマガジン)配信にのみ利用します。

閉じる

店舗で保険のプロに無料相談!

全国317店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2017年9月26日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

平日  9:00~21:00 土日祝 10:00~18:00
(年末年始を除く)

2017年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!
LINEでかんたん!お客さま情報の照会サービスはじめました!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲
チャットで質問する チャットで質問