皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

カテゴリを選ぶ

年齢・性別を選ぶ

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00 (年末年始を除く)

迷ったらプロに相談(無料) 近くの店舗を探す

死亡保険に入る前に知っておきたいこと

死亡保険の種類

死亡保険に加入する時は、具体的にどの種類の死亡保険に加入するのかを選ばなければなりません。なかには、「死亡保険の種類」と聞くと、難しいと思う方もいるのではないでしょうか?
しかし、死亡保険の種類は昔から変わっておらず、基本的に3種類しかありません。この3種類の違いをしっかりと押さえておくことで、自分に合った死亡保険を選ぶことができます。

死亡保険は基本的に3種類

死亡保険は、「定期保険」「終身保険」「養老保険」の3種類が基本型になっています。この3種類のそれぞれの違いを押さえておきましょう。
押さえておきたいポイントは、保障期間と、貯蓄性の有無の2つです。

定期保険…掛け捨てタイプの、保険料がお手頃な生命保険

死亡保険での定期の意味は、「一定期間」のことをいいます。したがって、定期保険とは、例えば10年間といった一定期間(保険期間)中に保険の対象となる方(被保険者)が亡くなった場合に、遺族は死亡保険金を受け取ることができます。

定期保険は、保険期間中に解約することで受け取ることができる解約返戻金は全くないかあってもごくわずかで、保険期間終了時に戻ってくるお金(満期返戻金)はありません。したがって、定期保険は貯蓄性がありません。一般的に「掛け捨ての保険」といわれています。そのかわり、毎月支払う保険料は同じ保障の場合、他の種類の死亡保険よりも安くなっています。

図1 定期保険の仕組み

定期保険の仕組みの図

終身保険…一生涯保障してくれる保険・貯蓄性のある保険

「終身」とは一生涯のことをいいます。したがって、終身保険の保険期間は一生涯となりますので、途中で解約しない限り、遺族などは必ず死亡保険金を受け取ることができます。

終身保険は、解約した時に受け取ることができる解約返戻金があり、一般的に加入している期間が長くなればなるほど、多くの解約返戻金が受け取れます。
なぜ解約返戻金があるのかというと、終身保険の場合、必ず保険金の支払いがあるので、保険会社は保険料から経費などを差し引いた分を積み立て、運用しているためです。
保険証券にある利率は運用成果を約束するものです。したがって、終身保険は貯蓄性のある保険に分類されます。毎月支払う保険料は、同じ保障の場合、定期保険と比べると高くなります。

図2 終身保険の仕組み

終身保険の仕組みの図

養老保険…一定期間のみ保障・貯蓄性のある保険

養老保険は、死亡保障と貯蓄を組み合わせた保険です。

例えば、死亡保険金を500万円に設定した場合、10年間など一定期間(保険期間)中に保険の対象となる方(被保険者)が亡くなった場合、遺族は500万円の死亡保険金を受け取ることができます。

そして、10年間など一定期間(保険期間)中に、保険の対象となる方(被保険者)が亡くならずに保険期間が終了した場合、満期保険金として死亡保険金と同額の500万円を受け取ることができます。

このように、保険期間中に亡くなられた場合でも、亡くならずに保険期間が終了した場合でも、死亡保険金と同額の500万円を受け取ることができる保険なので、「生死混合保険」とも呼ばれています。

図3 養老保険の仕組み

養老保険の仕組みの図

以上が死亡保険の3つの種類になりますが、死亡保険を選択する場合には、ライフサイクルにあった必要保障額や目的をベースにしてそれぞれの特徴を理解した上で、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

※本記事は、2017年12月11日に掲載された記事です。そのため、記事内容は掲載日のものであり、現在と情報内容が異なっている場合がございますので、本記事の閲覧・利用等に際しては、ご注意ください。

資料請求したい方はこちら

死亡保険を一括比較シミュレーション!

今すぐ相談したい方はこちら

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00

店舗で保険のプロに無料相談!

全国303店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2019年3月27日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

平日  9:00~21:00 土日祝 10:00~18:00
(年末年始を除く)

2019年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲
チャットで質問する チャットで質問