閉じる ×

総合窓口

9:00~21:00(年末年始を除く)

相談予約専用窓口

9:00~21:00(年末年始を除く)

【大好評】相談実績9万件突破のオンライン保険相談

長期海外旅行
(留学・ワーホリ・駐在)保険

取扱い保険会社一覧

  • 東京海上日動
  • 損保ジャパン
  • ジェイアイ傷害火災

留学保険とは

留学保険は海外旅行保険の一種ですが、長期滞在することによって想定されるリスクへの補償などがついています。
日常生活での賠償や、タンスなどの家財に対する補償が付加されていたり、保険会社によっては24時間無休の専任スタッフによる日本語でのサポートデスクなどもあります。

留学保険の選び方

留学保険といってもたくさんの商品があり、どの保険に入ればいいのか悩む方も多いと思います。選ぶ際のポイントをご紹介します。

Point1治療・救援費用の設定

日本と海外での医療費の違い

※スクロールで表がスライドします

  日本 カナダ(バンクーバー) アメリカ(ロサンゼルス) オーストラリア(ゴールドコースト) イタリア(ローマ) 韓国(ソウル)
救急車の料金 公営:無料 公営:70,600円 公営:166,100円~249,300円 公営:112,500円+走行加算170円/Km 公営:無料 公営:無料
初診料 2,820円 13,700円 28,900円~46,900円 16,200円 27,900円~31,700円 5,100円
病院部屋代
(1日あたり)
個室:30,000円~100,000円
ICU:80,000円~100,000円
個室:148,900円
ICU:876,000円
個室:319,700円~
ICU:903,200円~1,500,000円
個室:122,100円~124,300円
ICU:463,700円
個室:108,300円
ICU:380,600円
個室:50,800円~67,700円
ICU:42,300円~60,200円
虫垂炎手術の
治療費
総費用:600,000円
平均入院日数:4日間
総費用:828,100円
平均入院日数:2日間
総費用:749,000円
平均入院日数:2日間
総費用:1,039,400円
平均入院日数:3日間
総費用:1,522,400円~1,649,300円
平均入院日数:2日間
総費用:658,000円~705,000円
平均入院日数:4日間
骨折時の
治療費
20,000円 89,100円 105,060円~1,050,600円 58,200円 1,015,000円 28,200円~47,000円

出典:ジェイアイ傷害火災保険株式会社「海外の医療事情」より ※2021年2月時点

比較表を見てわかるように、海外の場合だと日本との制度の違いもあり、かなり高額な医療費がかかってしまうことがあります。
心配な方はもしもに備えて治療・救援費用額が無制限に設定されているプランがおすすめとなりますが、補償が手厚い分保険料も高額になってしまいます。治療・救援費用保険金額5,000万円、3,000万円などのプランもございますので、いろいろ検討してご自分にあったものを設定してみてはいかがでしょうか。

Point2キャッシュレス対応の提携病院があるか

留学先で体調不良になれば、慣れない環境でコミュニケーションの部分でも不安があると思います。そんな中でのキャッシュレスのサービスは金銭面での負担も軽くなり心強いのではないでしょうか。保険会社によって提携病院の数や場所は異なり、契約する商品によっては留学先に提携病院がないこともあります。自分の滞在地にある病院が提携病院かどうか確認することをおすすめします。

各社のキャッシュレス対応提携病院はこちらからチェック

東京海上日動火災保険株式会社 詳細はこちら
損害保険ジャパン株式会社 詳細はこちら
ジェイアイ傷害火災保険株式会社 詳細はこちら

留学保険と海外旅行保険の違い

留学保険は海外旅行保険の一種で、基本的な補償内容に大きな違いはありません。ただ留学の場合、海外旅行よりも滞在期間が長くなり現地でアパートを借りて生活するなどというケースもあるでしょう。
留学保険ではこのような長期滞在を前提とした補償となっており、適した特約もいくつか用意されているのでご紹介します。

  • 留学生賠償責任

    留学中に偶然の事故により他人にケガをさせたり、他人の物を壊したり、住んでいるアパートに失火または水漏れなどにより損害を与えた等日常生活の起因により法律上の損害賠償責任を負った場合のための補償。

    ※ジェイアイ傷害火災保険株式会社の場合、個人賠償責任

  • 留学生生活用動産

    留学中に携行している身の回り品(スーツケースやカメラなど)や、住んでいるアパート内の家財を盗まれた場合のための補償。

    ※ジェイアイ傷害火災保険株式会社の場合、生活用動産

  • 留学継続費用

    留学生の扶養者が事故により亡くなられたり、所定の重度の後遺障害となった場合に留学を継続するための費用を補償。

留学先での事故実例

実際に留学先であった事故と支払われた保険金をご紹介します。

  • 空き巣による盗難(生活用動産)

    空き巣による盗難(生活用動産)イメージ

    自宅に空き巣が入り、ノートパソコン、一眼レフカメラを盗取された(イギリス)

    支払われた保険金 192,930

  • 治療費用・救援者費用(治療・救援費用)

    治療費用・救援者費用(治療・救援費用)イメージ

    吐き気・腹痛を訴え受診。腸閉塞と診断され16日間入院・手術。看護師が付き添い医療搬送。(スロベニア)

    支払われた保険金 10,130,730

  • 賠償責任(個人賠償責任(長期契約用))

    賠償責任(個人賠償責任(長期契約用))イメージ

    お香の火を消し忘れて火事になった。部屋の修理費用を賠償した。(ポーランド)

    支払われた保険金 860,748

※実際にジェイアイ傷害火災保険株式会社がお支払いした実例です。保険金でお支払いする費用等の内容は保険約款によります。

出典:ジェイアイ傷害火災保険株式会社「旅行目的別の保険料例と事故実例」より

留学保険コラム

JI2022-340
SJ22-14930
22TC-100846(作成年月2023年1月)
閉じる ×

総合窓口

9:00~21:00(年末年始を除く)

相談予約専用窓口

9:00~21:00(年末年始を除く)

新サービス アバターに相談
×