アドバンスクリエイトは
東京証券取引所市場第一部銘柄指定
から1周年を迎えました。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

年齢・性別を選ぶ

月払保険料

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00

迷ったらプロに相談(無料) 近くの店舗を探す

個人年金保険に入る前に知っておきたいこと

返戻率で比較する個人年金保険

掲載日:2015年11月6日

個人年金保険を検討する際に、チェックしておきたいポイントに「返戻率」があります。

返戻率とは?

返戻率と書いて「へんれいりつ」と読む、この言葉。その意味をキチンと整理していきましょう。これは、個人年金保険の払込保険料総額に対して、どれだけの年金総額を受け取ることができるのかを表したものです。

返戻率が高いほど、払込保険料総額に対して、たくさんの年金を受け取ることができます。

返戻率ってどうやって計算するの?

返戻率を計算するには、保険料とその払込期間、そして受け取ることができる年金総額のデータをそろえましょう。

例えば、毎月1万円の保険料を20年間払い込む契約であった場合、払込保険料総額は、1万円×12カ月×20年間=240万円になります。
そして、払込終了後、10年間、毎年40万円を受け取ることができるとすれば、受け取ることができる年金総額は、400万円になります。

返戻率は、
 「受取年金総額÷払込保険料総額×100」
で計算されます。
先ほどの例をこの式にあてはめると、「400万円÷240万円×100≒166」つまり、返戻率は、約166%ということになります。

年金総額が260万円なら、「260万円÷240万円×100≒108%」になりますし、
年金総額が500万円なら、「500万円÷240万円×100≒208%」になります。
つまり、受取年金総額が高くなればなるほど、返戻率が高くなるということをイメージいただけたでしょうか?

返戻率と予定利率は別物であることに注意!

個人年金保険を検討する際に、よく目にする言葉に「予定利率」というものがあります。
これは、保険会社が契約者に対して約束する運用利回りのことを指します。
ただし、支払った保険料全てが運用に回されるわけではなく、人件費等の諸経費が差し引かれた後の、いわゆる純保険料のみが運用されます。
それに対して、返戻率は先述したとおり、実際に払い込む保険料に対して、どれくらいの年金額を受け取ることができるかを表したものなので、同じように「率」はつきますが、予定利率とは全く異なるものです。

返戻率は個人年金保険を検討する際、必ず確認しておきたい大切なポイントです。
この返戻率は、各保険会社が販売している年金保険商品によって異なるだけでなく、受取方法や、払込期間等の契約内容によっても異なる場合があることには、注意をしておきましょう。

用語の意味を正確に理解して、個人年金保険の検討をしたいですね。

※掲載されている情報は、最新の商品・法律・税制等とは異なる場合がありますのでご注意ください。

資料請求したい方はこちら

個人年金保険を一括比較シミュレーション!

今すぐ相談したい方はこちら

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00

店舗で保険のプロに無料相談!

全国310店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2017年8月18日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

平日  9:00~21:00 土日祝 10:00~18:00
(年末年始を除く)

2017年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!
LINEでかんたん!お客さま情報の照会サービスはじめました!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲
チャットで質問する チャットで質問