皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

カテゴリを選ぶ

年齢・性別を選ぶ

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00 (年末年始を除く)

迷ったらプロに相談(無料) 近くの店舗を探す

がん保険を選ぶ際に押さえておきたいポイント!

がん保険の選び方

最終更新日:2016年8月30日

がん保険は、保険会社からさまざまな商品が販売されていますので、どれに加入したらよいのか迷う方が非常に多いです。今回は加入後に後悔することがないよう、がん保険の選び方のポイントを4点に絞ってご紹介します。

保障期間

がん保険には一生涯の保障が得られる終身型と、一定期間の保障が得られる定期型の2種類に大きく分かれます。一般的に保険料は保障される期間が長くなればなるほど高くなりますので、同じ保障内容で考えると定期型よりも終身型のほうが高くなります。平均寿命が延びていることを踏まえ、老後のがん保障を今から得たいと考えるのであれば終身型、教育費の負担や住宅ローン返済を抱えていて、当面の保険料は抑えたいと考えるのであれば定期型が向いているでしょう。ただし、定期型の場合、更新時には保険料が上がりますので、終身型・定期型を検討する際には注意してください。

がん診断給付金

がん診断給付金は、がんと診断されたら受け取ることができる給付金です。がん診断給付金の保障のみでも加入できるがん保険もあります。がん診断給付金は治療費をはじめ生活費にも使えますので、がん保険を選ぶ上で重視すべき給付金と捉えることができます。ただし、商品によっては入院が給付の条件になっているものや、初めてがんと診断されたときのみ給付金が受け取れる等要件が異なりますので、注意するようにしましょう。

がん入院給付金

がん保険の入院給付金は、医療保険のような1入院あたりの給付限度日数や、通算での給付限度日数が設けられていないのが一般的ですので、長期入院への対応はできています。がん入院給付金を1日当たりいくらに設定するのかを検討する必要がありますが、がんでの入院日数は短期化の傾向ですので、がん入院給付金よりも、がんと診断されたら受け取れるがん診断給付金や、通院治療をしたときに給付金が受け取れる通院給付金を重視して検討するのも一つの選択肢です。

メンタルケア等付帯サービス

がん保険のなかには、がんと診断された場合の本人や家族のショックや不安をメンタルケアの専門家に相談できたり、主治医以外から診断や治療方法のアドバイスが受けられるセカンドオピニオンサービスが付帯されていたり、保障以外の部分が充実しているものがあります。精神的なフォローも期待できるがん保険を選ぶというのもいいのではないでしょうか?

まとめ

がん保険の選び方としては、がん診断給付金や通院給付金の金額や支給条件、付帯サービスが充実しているかどうか等が判断のポイントになります。ただし、がん保険への加入の必要性や考え方は、家族構成や年収および職業や預貯金額等によっても異なってきますので、これらのことも踏まえて総合的に判断するようにしましょう。

※掲載されている情報は、最新の商品・法律・税制等とは異なる場合がありますのでご注意ください。

資料請求したい方はこちら

がん保険を一括比較シミュレーション!

今すぐ相談したい方はこちら

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00

店舗で保険のプロに無料相談!

全国570店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2019年11月17日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

平日  9:00~21:00 土日祝 9:00~21:00
(年末年始を除く)

2019年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲