皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

カテゴリを選ぶ

年齢・性別を選ぶ

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00 (年末年始を除く)

迷ったらプロに相談(無料) 近くの店舗を探す

がん保険に入る前に知っておきたいこと

必要?不要?がん保険の必要性

最終更新日:2016年8月30日

既に医療保険に加入している方でも、がん保険に加入した方がいいのでしょうか?そもそもがん保険は本当に必要なのでしょうか?
がん保険は必ず加入しなければいけないわけではありませんが、がん保険の必要性を確認しましょう。

日本人の主な死亡原因

厚生労働省「人口動態統計(平成26年)」によると、日本人の死亡原因の第1位は悪性新生物=がんになっています。第2位は心疾患ですが、がんでの死亡者数は心疾患での死亡者数の約2倍となっており、がんで亡くなる方が非常に多いというのが日本の現状となっています。昭和56年以降、30年以上死亡原因の第1位はずっとがんになっており、第2位以下の死亡者数を大きく引き離しています。

主な死因別死亡数の割合(平成26年)

主な死因別死亡数の割合(平成26年)の図

資料:厚生労働省「平成26年(2014)人口動態統計(確定数)の概況」をもとに作成

健康保険適用外の治療

がんも他の病気やケガと同じように、健康保険適用内の治療であれば治療費の1~3割負担で済みますし、高額療養費制度も適用されますので、自己負担額が高額になるという心配は少ないです。しかし、先進医療を受けた場合は、先進医療にかかった費用は健康保険が適用されず全額自己負担になりますし、がんは転移、再発で入退院を繰り返したり、通院治療が長期化したりするリスクもあります。

仕事や収入確保への影響

がんは死に至る病ではなく治療により治すことができる病気になりつつありますが、今まで通りの仕事を継続し、収入を確保しつつ治療を受けていくことが難しくなる可能性があります。治療を受けながらの就業は、肉体的にも精神的にも負担となりますし、時短勤務等について職場の理解が得られるかどうかも心配です。また、一度退職すると再就職が難しい現状もあります。

特に働き盛りの家計を支えている人ががんになると、子どもの教育費や住宅ローンの支払いに影響が出ることも考えられますので、他の世代に比べ、より深刻になるかもしれません。

まとめ

がん保険は、傷病手当金等がない自営業の方や、小さな子どもがいる方は、医療保険の上乗せとしての必要性がより高いでしょう。自営業の方は会社員の方より公的な保障が手薄ですし、小さな子どもがいる方はがんの治療を受けることにより支出が増加し、かつ収入が減少すると教育資金準備に影響が出てしまうからです。また、親族にがんで亡くなった方がいらっしゃって不安な方は、精神的な安心を得るためにがん保険へ加入するのもよいでしょう。
がん保険はがんに特化した保険です。がんと診断された時に給付される一時金(※)は使い道が自由なため、健康保険適用外の治療や長期の入院および通院等に備えることができ、治療費支払いのために預貯金が減少する不安を軽減することもできます。このような観点からがん保険の必要性を検討しましょう。

(※)一時金のない商品もあります。

※掲載されている情報は、最新の商品・法律・税制等とは異なる場合がありますのでご注意ください。

資料請求したい方はこちら

がん保険を一括比較シミュレーション!

今すぐ相談したい方はこちら

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00

店舗で保険のプロに無料相談!

全国309店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2019年6月25日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

平日  9:00~21:00 土日祝 9:00~21:00
(年末年始を除く)

2019年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲