皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

カテゴリを選ぶ

年齢・性別を選ぶ

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00 (年末年始を除く)

迷ったらプロに相談(無料) 近くの店舗を探す

がん保険に入る前に知っておきたいこと

がん保険と医療保険の違いとは?

最終更新日:2016年9月1日

入院や手術の保障を得たいと考えた場合、医療保険やがん保険への加入が選択肢に入ってきますが、医療保険とがん保険にはそもそもどのような違いがあるのでしょうか?医療保険のみでもがんの保障を得ることはできますが、医療保険に加えてがん保険にも加入した方がよいのでしょうか?

入院給付日数無制限

一般的に、医療保険は入院した場合に支払われる入院給付金に1入院あたりの日数と通算での日数に制限が設けられています。例えば、1入院60日で通算1,000日の支払限度日数が設けられている医療保険では、60日を超える入院をしても入院給付金は60日分しか支給されませんし、通算で1,000日分の支給を受けると、以後は入院しても入院給付金は支給されません(ただし、医療保険のなかには、がんを含む三大疾病や七大疾病(七大生活習慣病)で入院した場合、入院給付金の支払日数が無制限となったり、無制限にする特約をつけられる商品もあります)。

一方、一般的に、がん保険は1入院あたりや通算での入院日数に制限が設けられていません。がんの転移により長期入院になった場合などでも、保険期間中は何日入院しても給付金が支払われるのが大きな特長です。

がんに対する保障が充実

医療保険は病気(がんを含む)やケガによる入院や、約款所定の手術の保障がメインとなりますが、がん保険は、がんになったときの保障が一般の医療保険より充実しています。

医療保険では、がん特約などの特約をつけなければがんと診断されても給付金の支給はありませんが、多くのがん保険ではがんと診断されたときに「がん診断給付金」が支給されます。また、がんの治療方法の変化に伴い、通院での抗がん剤治療や放射線治療の保障が確保できるがん保険なども見受けられ、保障内容が幅広くなる傾向があります。ただし、商品によっては、上皮内新生物などを給付金の支払いの対象としていない場合や、給付金の額を低くしているものもありますので、ご契約のしおりなどで確認しておくことが大切です。

保障の開始時期(責任開始日)

一般的に、医療保険の保障は、(1)契約の申し込み、(2)告知または診査、(3)第1回保険料払い込み、の全てが完了した日から開始されます(ただし、「初回保険料後払制度」のある保険会社もあります)。

一方、がん保険の保障は、これら全ての手続きが完了した日からさらに3カ月または90日経過して開始されるという特徴があります。この3カ月または90日間内にがんと診断され、入院や手術をしても保障対象にはなりません。なお、この免責期間がないがん保険や、がんを経験された方で、所定の条件を満たせば申し込めるがん保険もあります。

まとめ

これから保険加入を検討する方や、保険の見直しを考えられる方は、まずは医療保険とがん保険の違いをしっかり把握するようにしましょう。

がんに備える保障という点では医療保険のみだと心もとない部分もありますし、がん治療は保険外診療になることも考えられますので、医療保険と併せてがん保険への加入も検討されてはいかがでしょうか?

※掲載されている情報は、最新の商品・法律・税制等とは異なる場合がありますのでご注意ください。

資料請求したい方はこちら

がん保険を一括比較シミュレーション!

今すぐ相談したい方はこちら

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00

店舗で保険のプロに無料相談!

全国578店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2019年12月6日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

平日  9:00~21:00 土日祝 9:00~21:00
(年末年始を除く)

2019年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲