皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

カテゴリを選ぶ

年齢・性別を選ぶ

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00 (年末年始を除く)

迷ったらプロに相談(無料) 近くの店舗を探す

がん保険を選ぶ際に押さえておきたいポイント!

白血病とがん保険

最終更新日:2019年2月14日

白血病とは、血液の中の白血球ががんになる、血液のがんのことをいいます。

白血病は、がん保険の給付金支払い対象です。厚生労働省の行った「平成26年患者調査」によると、推計される患者数は7,000人。白血病は病状の経過から、「急性白血病」と「慢性白血病」に分けられます。さらに、白血病細胞の由来する血球細胞により、「骨髄性」と「リンパ性」の各白血病に分けられます。

白血病の種類とその特徴は?

急性骨髄性白血病とは、骨髄で血球が成長してゆく機能が失われ、異常な血液細胞が急速に増殖し、正常な血液を作る働きが損なわれてしまう病気です。進行は早いものの、医療技術の発達により、今では不治の病ではなくなっています。

次に、慢性骨髄性白血病とは、血液中の顆粒球や単球が異常に増えたり、脾臓(ひぞう)が腫れたりすることが特徴の白血病です。ゆっくりと進行する慢性期が続いた後、移行期を経て、5~7年目で急性転化と呼ばれる時期を迎えます。急性転化期になると、白血病細胞が無制限に増え続け、急性白血病のような状態になり、治療が難しくなります。

最後に、慢性リンパ性白血病とは、白血病化したリンパ球が異常増殖する病気です。急性白血病にくらべると病気の進行は遅く、すぐに病状が悪化するわけではありません。病気の進行は個人差があり、10年以上経ってもほとんど病状が悪化しないというケースもあります。

がん保険で備えたほうがいい?

白血病の種類にもよりますが、厚生労働省の行った「平成26年患者調査」によると、白血病における平均在院日数は46日となっており、がん全体の平均在院日数の18.7日と比べると、がんの中でも長期にわたることがわかります。

一方、厚生労働省の「平成26年(2014)人口動態統計(確定数)の概況」によると、白血病による死亡率は6.5%と低く、この数値からも白血病が不治の病ではないということがわかります。

しかし、慢性骨髄性白血病の場合、長期に渡って高額な抗がん剤治療が必要なケースも考えられ、お金の心配が大きな心理的負担になることも考えられます。医療費助成などの制度も活用できますが、さらにがん保険からの給付も受けることができると安心です。

医学の進歩により、がんを含めた病気での入院は短期化の傾向にあります。しかし、白血病のように治療が長期に渡る病気の場合、経済的な負担を考えると、がん保険で備えておくことの重要性を改めて感じます。

※掲載されている情報は、最新の商品・法律・税制等とは異なる場合がありますのでご注意ください。

資料請求したい方はこちら

がん保険を一括比較シミュレーション!

今すぐ相談したい方はこちら

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00

店舗で保険のプロに無料相談!

全国569店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2019年11月13日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

平日  9:00~21:00 土日祝 9:00~21:00
(年末年始を除く)

2019年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲