皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

カテゴリを選ぶ

年齢・性別を選ぶ

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00 (年末年始を除く)

迷ったらプロに相談(無料) 近くの店舗を探す

がん保険を選ぶ際に押さえておきたいポイント!

女性特有のがんとは?女性のがん保険

最終更新日:2016年9月1日

女性に特有のがんには、主に乳がんと子宮がんがあります。がんの多くは高齢になるほど発症しやすいため、若い女性にはあまり関係のない病気だと思われがちです。では、女性特有のがんに対して、がん保険で備える必要性はあるのでしょうか?

乳がんとは?

乳がんとは、乳房の乳腺組織にできる悪性腫瘍のことをいいます。日本人女性がかかるがんのなかで最も多いものが「乳がん」です。厚生労働省の「平成26年(2014)患者調査」によると、乳がんの推計患者数は29,700人となっています。乳がんは20歳代後半から増え始め、65歳~69歳代が多い傾向にあります。

子宮がんとは?

子宮がんには、子宮の奥である子宮体部にできる「子宮体がん」と、子宮の入り口である頸部にできる「子宮頸がん」があります。厚生労働省「平成26年(2014)患者調査」によると、子宮がんの推計患者数は9,700人となっています。子宮体がんは閉経前後に多く見られますが、30歳代での発症もあります。一方、子宮頸がんは、20歳代から増え始め、30歳~40歳代が多い傾向にあります。

女性のがん保険?

女性のがん保険は、先述したような女性特有のがんにかかった場合、給付金が上乗せされて支給されるというタイプの保険が一般的です。例えば、入院日額が10,000円のプランであれば、胃がんで入院した場合は、入院日額10,000円が給付される一方、乳がんにより入院した場合は15,000円が給付されるといったイメージです。

女性の中には、がんにかかり、抗がん剤等の投与治療が必要となったときなどに個室を希望される方もいらっしゃるかもしれません。その差額ベッド代(本人が希望する場合)は、健康保険の対象外となります。そういったことも考えると、女性特有のがんになった場合に入院給付金等が上乗せで支給されることは、心強く感じる方も多いのではないでしょうか。

また、女性特有のがんへの保障として、乳がんにかかり乳房切除の手術を受けた場合に、乳房再建給付金が給付される保険商品もあります。そして乳がんだけでなく、女性特有のがんの患部を切除する手術を受けた場合に給付金が給付される保険商品もあります。

女性特有のがん保険は必要か?

女性特有のがん、がん保険についてみてきましたが、実情を知り、万一に備えて、がん保険、医療保険を充実させておくことは必要なことといえます。

また、保険会社によっては、がんになった際のカウンセリングサービスを付帯している商品もあります。

付帯サービスについても吟味し、自分にあった商品を選びたいですね。

※掲載されている情報は、最新の商品・法律・税制等とは異なる場合がありますのでご注意ください。

資料請求したい方はこちら

がん保険を一括比較シミュレーション!

今すぐ相談したい方はこちら

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00

店舗で保険のプロに無料相談!

全国570店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2019年11月16日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

平日  9:00~21:00 土日祝 9:00~21:00
(年末年始を除く)

2019年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲