皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

カテゴリを選ぶ

年齢・性別を選ぶ

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00 (年末年始を除く)

迷ったらプロに相談(無料) 近くの店舗を探す

がん保険を選ぶ際に押さえておきたいポイント!

がん保険の免責期間とは?

最終更新日:2016年8月30日

がん保険への加入を検討する場合、毎月の保険料や保障内容に注目しがちですが、がん保険はいつから保障が開始されるのかを知ることが大切です。がん保険加入後に後悔することがないよう、がん保険特有の免責期間についてご紹介します。

がん保険の保障開始

一般的な生命保険は申込後、生命保険会社が契約を承諾した場合は、(1)告知または診査、(2)第1回保険料の払い込み、のいずれか遅い日から保障が開始されます。しかし、がん保険の場合は、加入後3カ月または90日の待機期間と呼ばれる免責期間が設けられています。この免責期間内にがんと診断されても保障はされませんし、がん保険の契約そのものが無効になります。このように、がん保険は加入したからといってすぐに保障が開始されるわけではありませんので、がん保険に新しく加入するとき、および、がん保険に加入し直すときにはくれぐれも注意するようにしましょう。

免責期間が設けられている理由

がんは発病しても自覚症状がないことが少なくないため、契約の公平性を維持するための期間として免責期間が設けられています。

免責期間の扱いに注意

がん保険で給付金が受け取れるケースとしては、主に、(1)がんと診断されたとき(2)がんで入院したとき(3)がんで手術を受けたとき(4)がんで通院したとき、の4つが考えられます。最近のがん保険では、がんと診断されたときに受け取れるがん診断給付金以外の3つに関して、免責期間が設けられていない商品も発売されており、保障内容は多様化しています。保険料や保障内容を比較検討するのも大切ですが、がん保険は免責期間の扱いをチェックすることが重要です。

まとめ

がん保険は、他の保険と異なり免責期間が設けられているという特徴がありますので、既に加入しているがん保険を見直し、新しくがん保険に加入する場合は、新しく加入したがん保険の免責期間が過ぎたことを確認してから、以前のがん保険を解約するよう慎重に手続きを行いましょう。

また、他の保険も同じですが、健康状態によっては加入したくても加入できないケースもありますので、がん保険も健康なときに加入しておくと安心できるでしょう。

※掲載されている情報は、最新の商品・法律・税制等とは異なる場合がありますのでご注意ください。

資料請求したい方はこちら

がん保険を一括比較シミュレーション!

今すぐ相談したい方はこちら

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00

店舗で保険のプロに無料相談!

全国313店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2019年7月23日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

平日  9:00~21:00 土日祝 9:00~21:00
(年末年始を除く)

2019年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲