皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00 
土日祝10:00~18:00
(年末年始を除く)

相談する

カテゴリを選ぶ

年齢・性別を選ぶ

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00 (年末年始を除く)

迷ったらプロに相談(無料) 相談予約する

がん保険を選ぶ際に押さえておきたいポイント!

上皮内新生物とがん

掲載日:2016年9月2日

がん保険について調べ始めると、必ず出合う言葉のひとつに、「上皮内新生物」があります。

上皮内新生物とはいったい何であるか、ご存じでしょうか?

上皮内新生物とは何か?

上皮内新生物は、「上皮内がん」「上皮内腫瘍」とも呼ばれ、一般的に「がん」といわれる悪性新生物とは異なり、がんが上皮(粘膜層)内にとどまっており、基底膜以降の組織に浸潤していない状態のがんのことをいいます。

上皮内新生物は、放置すると進行してがんになる可能性が高いのですが、適切な治療を行えば、転移や再発の可能性はほとんどないといわれています。

上皮内新生物と悪性新生物の違い

上皮内新生物の割合って?

では、上皮内新生物の段階で診断されるケースは、どれくらいあるのでしょうか?

国立がん研究センターがん情報サービス「全国がん罹患モニタリング集計 2012年罹患数・率報告(平成28年3月)」の結果からみてみましょう。

大腸(結腸・直腸)がん※21.5%
乳がん11.1%
子宮頸がん63.7%
※粘膜がんを含む

ご覧の通り、子宮頸がんは63.7%と、半数以上が上皮内新生物の段階で発見されるという結果になっています。

がん保険の給付対象なの?

上皮内新生物は、保険会社によって異なりますが、がん保険の給付の対象となっているのが一般的です。

しかし、保険商品によっては、上皮内新生物の場合、悪性新生物とは異なった給付内容となっていることもあります。例えば、上皮内新生物の場合、がん診断給付金が悪性新生物の場合の10分の1や2分の1の金額に設定されている商品等があります。

また、加入してから年月がかなり経過しているがん保険の場合、上皮内新生物は、そもそも給付を受けることができる対象疾病ではない場合もあります。

確かに上皮内新生物は、初期段階のがんであるため、悪性新生物よりも医療費が低くすむかもしれません。

そのため、診断給付金が悪性新生物よりも低く給付される設定になっているのは、ある意味、合理的といえるでしょう。

とはいえ、上皮内新生物も、がんの一種。

上皮内新生物、悪性新生物にかかわらず、診断を告げられたときの心理的ショックが大きいことは想像に難くありません。

また、先述した様に、半数以上が上皮内新生物の段階で発見されるがんもあります。

上皮内新生物であっても、悪性新生物であっても、給付金を受け取れるようにしておくことが、より安心できる備えにつながるように思います。

※掲載されている情報は、最新の商品・法律・税制等とは異なる場合がありますのでご注意ください。

掲載日:2020年6月24日

がんへ進行する前に上皮内新生物を見つけられたら

がんへ進行する前に上皮内新生物を見つけられたらのイメージ図

国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」によると、日本人が生涯でがんに罹患する確率は2015年全国推計値データでは「男性は約63%・女性は約48%」、また、生涯でがんで死亡する確率は2018年データでは「男性は約24%・女性は約15%」となっています。

高齢になるほど死亡率の高いがんですが、罹患する確率を見ると「治っている人もいる」ということが分かります。

がんの進行状態のなかでも、上皮内新生物(上皮内がん)の状態で見つけることができれば、ステージ0期であるため、治療は短期間で済み、完全に切除できれば転移・再発の可能性がほぼ無くなるかもしれません。

女性特有のがんのひとつである「子宮頸がん」は、30代~40代の女性で増加傾向にあります。

下表を見ると、上皮内新生物(上皮内がん)の状態で見つかる確率が高いことが分かり、早期に見つけることで、速やかな治療により、その治療後の経過も良好となる可能性があるでしょう。

がん診断時の上皮内新生物の進展度分布
部位 上皮内新生物
子宮頸部 65.1%
大腸(結腸・直腸) 22.4%
乳房(男女共) 10.1%

※集計対象地域は全都道府県(香川県は2014年集計値)です。DCO(死亡票に記載された、死亡時の臨床診断のみでがんとして登録される腫瘍)を除く届出患者・男女計となります。大腸は粘膜がんを含みます。資料:国立がん研究センターがん情報サービス「全国がん罹患モニタリング集計 2015年罹患数・率報告」をもとに作成

また、男女共に罹患数が多い「大腸がん」の上皮内新生物(上皮内がん)も、早期で見つけることにより、治療の際に体への負担が少なくなる場合があります。

上皮内新生物(上皮内がん)のうちに組織を採取・切除するためにも、定期的にがん検診などを受診すると良いでしょう。

資料請求したい方はこちら

がん保険を一括比較シミュレーション!

今すぐ相談したい方はこちら

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00

店舗で保険のプロに無料相談!

全国631店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2020年9月23日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

平日  9:00~21:00 土日祝 9:00~21:00
(年末年始を除く)

2020年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲