学資保険比較 | 保険選びの保険市場®
営業時間変更のご案内
何度でも無料保険相談

学資保険

子どもの教育資金を準備するための保険

学資保険とは

学資保険(子供保険)とは、子どもの高校入学時や大学進学時に必要な教育資金を準備するための保険です。

学資保険の特徴としては
・ご契約期間内に契約者が死亡または、高度障害状態となった場合、その後の保険料の支払いは免除となり、決まった時期に資金を準備することができます
・商品によっては、子どもが幼稚園や小学校に入学した等、節目を迎えた場合に、お祝い金(生存給付金)を受け取ることができます。また、保険期間が満期を迎えた場合には、満期保険金(満期学資金・満期祝い金とも呼ばれます)を受け取ることができます
等が挙げられます。

中には、子どもの病気やケガによる入院時に保険金が支払われる等の、子どもの保障を付加できる学資保険もあります。保険料はその分上乗せされますが、学資保険のご契約時に一度ご検討される事をお勧めします。

お子さまの将来をしっかりと考え、必要な資金を用意できるプランをお探しください。ただし、元本割れする可能性がある商品もございますのでご注意ください。

プロが教える!簡単な学資保険の賢い選び方

保険のプロが、学資保険の賢い選び方を簡単に説明させていただきます。
1.契約形態は?
学資保険には契約者が死亡または高度障害状態になった場合、保険料の払い込みがそれ以降免除になるタイプが多く、基本的には一家の大黒柱である方を契約者にすることをおすすめします。昔に比べ女性の社会進出が増えたことによって、最近ではご主人さま(夫)ではなく、奥さま(妻)を契約者にするケースも増えております。また、子どもを保育園に預け、ご夫婦で共働きされているご家庭も増えており、その場合はご主人さま(夫)を契約者にするか、奥さま(妻)を契約者にするかは、契約前にご夫婦でよく話し合って決めましょう。

2.保険期間(満期)をいつまでに設定するのがベスト?
子どもの養育費で、一番まとまったお金が必要になるのは、大学の入学金と授業料が重なる大学入学時です。そのため、入学前にまとまったお金を受け取れるようにご契約されるのがおすすめです。ご契約のタイミングによっては、学資給付金等の受け取りが入学後になってしまうケースもあり、一時的にお金を借りなければいけない・・・ということにならないように、お子さまの年齢と受け取りの時期を計算し、契約するタイミングを考えましょう。

3.学資保険は子どもが何歳のときから契約できるの?
保険会社によってご契約いただけるお子さまの年齢は異なりますが、中には出生予定日約3ヶ月前からご契約できる商品もあります。
保険料の払込期間と金額は契約年齢で決まっているため、できるだけ早くご契約された方が、その分早く支払い終えることができ、入学の準備等にも余裕を持つことができます。

学資保険の返戻率について

学資保険を契約するうえで、貯蓄性重視の方の場合、返戻率に注目することは重要な要素の一つになります。

返戻率(%) = 満期保険金・お祝い金・一時金の合計 ÷ 払込保険料総額 × 100

つまり、受け取れるお金と払込保険料総額が同じだった場合は100%となります。
返戻率をみることで、その学資保険を契約すれば「どのくらい増えるのか」を測る一つの指標となります。100%を超えた分を払込開始から受取開始までの年数で割ると1年あたりの平均の返戻率が算出できます。
ただし、お子さまの病気やケガの保障が付加された商品の場合、その保障の分の保険料が含まれているため、保障が付いていないプランに比べて返戻率は低くなりますので、「何を重視するのか」をご契約前にしっかり決めておきましょう。

20代・30代に人気のランキング

人気の保険をまとめて資料請求

40代・50代以上に人気のランキング

人気の保険をまとめて資料請求

選択

  • 月払保険料
  • 受取総額

比較条件

契約者

年齢

性別

子ども

年齢

  • 月払保険料

電話相談:0120-816-316スマホ・携帯OK(無料)平日8:30-21:00土日祝9:00-17:00

※資料請求で人気の商品やPR商品に予めチェックを入れております。ご不要な方はお外しください。

保険を選んでチェック

今すぐまとめて資料請求

チェックした商品一覧

引受保険
会社名
保険商品 35歳男性
子ども0歳
月払保険料
返戻率 払込保険料総額 受取総額 保険期間 保険料払込期間 受取時期と受取金額(円) 出生前加入
(可/不可)
保険料払込免除
(あり/なし)
支払方法 資料
請求
月払保険料が高い順 月払保険料が低い順 返戻率が高い順 返戻率が低い順 払込保険料総額が高い順 払込保険料総額が低い順 受取総額が高い順 受取総額が低い順

ページ下部の補足説明や各商品の案内ページも合わせて必ずご確認ください。

フコク生命 フコク生命の「みらいのつばさ」(5年ごと配当付学資保険) 14,298円 107.9% 2,916,792円 3,150,000円 22歳満期 17歳
幼稚園 小学 中学 高校 大学 成人 満期
7.5万 7.5万 15万 15万 105万 15万 150万
可(140日前から) あり 口座振替

フコク生命の「みらいのつばさ」(5年ごと配当付学資保険)(フコク生命)

お子さまの将来のために、教育資金作りを目的とした保険です。お子さまのご成長にあわせて祝金を受け取れるS(ステップ)型、大学入学資金に重点をおいたJ(ジャンプ)型の2種類から選択できます。※兄弟加入特則の適用で兄弟割引あり

S(ステップ)型 満期保険金額150万円プラン

アフラック アフラックの夢みるこどもの学資保険 13,250円 104.8% 2,862,000円 3,000,000円 18歳まで 18歳払済
高校入学 大学入学 大学2年 大学3年 大学4年
50万 100万 50万 50万 50万
可(140日前から) あり 口座振替・クレカ

アフラックの夢みるこどもの学資保険(アフラック)

お子さまの進学の時期にあわせて「学資一時金」「学資年金」をお受取りいただけます。契約者に万一のことがあった場合には、以後の保険料のお払い込みは不要です。(保険料払込免除特則付の場合)※記載している保険料および保障内容などは2015年1月現在のものです。(個別料率)

受取総額300万円コース

無料で相談

太陽生命 わくわくポッケ 10,858円 102.3% 1,954,440円 2,000,000円 20歳満期 15歳
満14歳6カ月 満17歳6カ月 満期時
40万 80万 80万
可(140日前から) あり 口座振替

わくわくポッケ(太陽生命)

ご契約者に万一のときだけではなく、3大疾病(ガン・急性心筋梗塞・脳卒中)などのときも以後の保険料払込が不要で、学資金等は受け取れるこども保険(こども保険保険料払込免除特約が付加されています。保険料払込免除となる事由については、所定の条件があります。)。学資金は10月にお受け取りいただけます。

しっかりプラン満期祝金80万円

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 こども保険 8,127円 93.2% 2,145,528円 2,000,000円 22歳満了 22歳
6歳 12歳 15歳 18歳 20歳 22歳
10万 20万 30万 40万 50万 50万
不可 あり 口座振替・クレカ

こども保険(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)

お子さまの成長にあわせて成長祝金をお受け取りいただけます。また、選べるプランも4つとお客さまのライフプランにあわせてお選びいただけます。

プラン4

無料で相談

支払った保険料の総額に対して、受け取ることのできる金額(満期保険金や解約返戻金など)の割合のこと。子どもが病気になったときの保険が付加されている場合や、契約者が死亡した際の保険が含まれている場合は、その分の保険料が加算されているため、貯蓄率が下がり、元本割れするケースもあります。

学資保険金を受け取れる時期と受け取れる金額を示しております。保険会社によっては、学資保険金の「繰り上げ」や「据え置き」ができるプランもあります。

子どもが生まれる前から学資保険に加入できる特則のこと。保険会社により出生の何日前から加入できるかは異なりますが、「出生の140日前から」が主流となっています。加入時の被保険者の年齢は0歳となります。

契約者に万一のこと(死亡または高度障害状態など)があった場合に、保険料の払い込みが不要になります。保険会社によっては、三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)のときにも免除される場合があります。

2014年版 年間ランキング

2014年版 昨年最も選ばれた生命保険ランキング 今すぐランキングをチェック!

ネットでの相談予約はこちら

店舗での相談予約がインターネットで簡単に出来ます。
お住まいの都道府県とお近くの店舗をお選びください。

▼お電話でのご予約はこちら
0120-816-318
【通話料無料、携帯電話OK】
平 日  9:00~21:00
土日祝 10:00~20:00
(年末年始を除く)

保険市場インフォメーション

今すぐ相談したい方はこちら

通話無料0120-816-316 平日8時30分~21時 土日祝10時~20時

学資保険の基本情報

知っておきたい!学資保険を選ぶポイント!

学資保険とは?

学資保険には主に二つの役割があります。まず一つ目は、最も大切な「教育資金準備」としての役割です。「どの時期にいくら戻ってくるのか?」というのが、だれもが一番気になるところではないでしょうか。しかし、教育資金の準備としての役割だけなら、貯蓄や株式、投資信託などで対応することも可能です。ではなぜ、学資保険が選ばれるのか?この理由が学資保険のもう一つの役割であり、保険としても重要な役割といえます。

その理由とは、「親に万一のことがあった場合でも、お子さまの教育資金が準備できる」という点です。具体的にどういうことかを下図にまとめました。

預貯金の場合と学資保険の場合の比較

図のように、貯蓄の場合は、積立期間に応じた積立金額になります。それに対して、学資保険の場合は、ご契約者さまに万一のことがあった際に保険料の払い込みは免除となり、お祝い金・満期金を受け取ることができます。これが、貯蓄と学資保険の大きな違いです。

貯蓄と学資保険の違いを簡単に整理しますと、下表になります。

  学資保険 貯金など
メリット
  • 毎月定額の引き落とし(計画的に準備できる)
  • 利回りが良い(普通預金などと比較して)
  • 税制上の効果が期待できる(生命保険料控除や一時所得など)
  • 保障が付帯(払込免除、育英年金など)
  • 被保険者(子ども)の医療保障を付加することができる
  • 換金性が高い(預けた金額はいつでも引き出し可能)
  • 変動金利(インフレに対応できる)
デメリット
  • 換金性が低い(途中解約すると契約年数によっては元本割れする恐れがある)
  • 固定金利(インフレに対応できない)
  • 生活費などに流用され、計画的に準備できない可能性がある
  • 金利が低い(普通預金金利(2015年3月時点):0.02%※)
  • 一律源泉分離課税(利子の20%に課税される)
  • 契約者(親)が亡くなった場合の保障はない
  • 被保険者(子ども)の医療保障はない

※資料:日本銀行「金融経済統計月報」(金融1「更新日:2015年4月21日 預貯金金利(1)」)

では、お子さまの教育資金はどの程度必要なのでしょうか?

次の「教育資金について」で詳しくみていきます。

教育資金について

下表は、文部科学省「平成21年度  文部科学白書」をもとに、それぞれの年代で必要となる学習費をまとめたものです。

(単位:円)

  学習費等(※1)総額 必要な
教育費総額
幼稚園 小学校 中学校 高等学校 大学(※2)
教育費 公立 669,925 1,845,467 1,443,927 1,545,853 3,920,000
私立 1,625,592 8,362,451 3,709,312 2,929,077 6,239,600
進学ケース ケース1 すべて公立 9,425,172
ケース2 私立 公立 私立 12,700,439
ケース3 私立 公立 私立 14,083,663
ケース4 私立 公立 私立 16,349,048
ケース5 すべて私立 22,866,032

幼稚園~高等学校の教育費は、文部科学省「平成20年度子どもの学習費調査結果」に基づいて作成

大学の教育費については、独立行政法人日本学生支援機構「平成20年度学生生活調査報告」に基づいて作成

  • ※1 「学習費等」には授業料などの学校教育費や学校給食費、学校外活動費が含まれる
  • ※2 家庭から学生への給付額を使用、「自宅」「下宿・アパート」で異なりますが、平均値で算出

この学習費等には、例えば、年々人気となっている国立・私立中学校受験に備えるための学習塾に関わる費用や、部活動などに関わる費用なども含まれています。このように、教育資金の準備とは、学校へ支払う学費以外にも備える必要がありますので、それぞれの家庭の現状やお子さまの希望にあった教育資金計画を立てることが大切です。

次に、学資保険を選ぶポイントについて考えてみましょう。

1. 加入時期はいつ?

まず、「いつから加入できるか」ですが、実は一部の学資保険では、ご出産前に加入することが可能です。とはいえ、全体的には、ご出産が無事終わり落ち着いてから、お子さまが1歳になるまでの間に比較検討され、ご加入される方が多いようです。また、「子どもが10歳になりますが、まだ学資保険への加入は可能ですか?」とおっしゃる方も意外に多いのですが、ほとんどの学資保険は小学校入学までに加入が必要となっておりますので、ご注意ください。

また、お子さまの年齢が高くなると保険料負担が増加しますので、ご出産前後にしっかりとご検討され、お子さまが小さい間にご加入されることをおすすめします。

2. 貯蓄型と保障型では、どちらがよいの?

まずは、貯蓄重視型の保険、保障重視型の保険に関する特徴を整理してみます。

  貯蓄重視型 保障重視型
メリット
  • 一般的に、親に万一のことがあった場合、それ以降の保険料の払い込みが免除になり、満期学資金やお祝い金を受け取れる
  • 貯金が苦手な人でも、計画的に教育資金を準備することができる
  • 一般的に、親に万一のことがあった場合、それ以降の保険料の払い込みが免除になり、満期学資金やお祝い金を受け取れる
  • 親に万一のことがあった場合に、育英年金や死亡保険金を受け取れる商品もある
  • 子どもの死亡保障や医療保障がある商品もある
デメリット
  • 満期お祝い金を複数回に分けて受け取る場合は、1回で受け取るより返戻率が低くなる
  • 満期お祝い金を複数回に分けて受け取る場合は、1回で受け取るより返戻率が低くなる
  • 一般的に、子どもの医療特約などを付加した場合は、支払った保険料の合計額よりも、満期学資金・お祝い金の合計額は低くなる

デメリットとしては、貯蓄重視型、保障重視型とも、商品によっては返戻率が低くなる可能性があるということです。

NTTコム リサーチが行った「学資保険に関する調査結果」によると、学資保険を選ぶ際には返戻率を重視しているという方が約90%(下図を参照)となっております。学資保険を選ぶ際は、まず返戻率を確認し、保障内容などを目的に合わせて検討しましょう。

学資保険に関する調査結果の図

出典:NTTコム リサーチ「学資保険に関する調査(2013年7月16日発表)」

税金について

学資保険へ加入する際に意外に忘れがちですが、とても重要なことに「税金」があります。

学資保険に加入した場合、払い込んだ保険料は生命保険料控除の対象となります。

生命保険料控除とは

  • 一般生命保険料控除
  • 介護医療保険料控除
  • 個人年金保険料控除

の3つに分かれます(平成27年4月21日現在)。

各種控除額は以下のようになります。

  所得税 住民税
区分 年間払込保険料額 控除される金額 年間払込保険料額 控除される金額
一般生命保険料

介護医療保険料

個人年金保険料
(税制適格特約付加)
20,000円以下 払込保険料全額 12,000円以下 払込保険料全額
20,000円超
40,000円以下
(払込保険料×1/2)
+10,000円
12,000円超
32,000円以下
(払込保険料×1/2)
+6,000円
40,000円超
80,000円以下
(払込保険料×1/4)
+20,000円
32,000円超
56,000円以下
(払込保険料×1/4)
+14,000円
80,000円超 一律40,000円 56,000円超 一律28,000円

※新契約(平成24年1月1日以降に締結した保険契約等)に基づく場合の控除額です。

保険料が月々10,000円の場合(年間保険料120,000円)

  • 所得税の控除額は、年間保険料が80,000円を超えるので控除額は40,000円
  • 住民税の控除額は、年間保険料が56,000円を超えるので控除額は28,000円

となります。

では、学資保険の給付金を受け取ると税金はどうなるのでしょうか。

学資保険の給付金は高額となるため、受け取った場合にかかる税金を心配する方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的に税金はかかりません。

学資保険の満期金なども所得税の対象になるのですが、所得税の中でも「一時所得」になります。

一時所得の課税対象となる金額は、以下の計算式で求められます。

計算式

(収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除50万円)×1/2

「収入を得るために支出した金額」とは、支払保険料になります。

また、特別控除額が50万円あるので、一時所得として増えた金額が50万円以下であれば、課税はされません。

【A社の学資保険】

  • 加入時年齢:父親30歳(子ども0歳時点で加入)
  • 満期保険金額:240万円
  • 保険料払込期間:18歳払済
  • 月払保険料:10,000円

10,000円×12カ月×18年=2,160,000円 支払保険料総額:216万円

240万円(満期保険金額)-216万円(支払保険料総額)=24万円

支払保険料総額216万円に対して満期保険金が240万円受け取れるので、24万円多く受け取れますが、50万円の特別控除があるので、この24万円は課税対象にはなりません。

ただ、以下の場合は課税の可能性があるので注意しましょう。

注意点

  • 積立金額が大きい場合(積立金額が大きいと、増える金額が多くなるため)
  • 学資年金として受け取る場合(一時所得ではなく、雑所得になる可能性があります)

意外に忘れがちですが、必ず税金についても確認しておきましょう。

教育資金の準備方法は、学資保険だけなの?

保険には学資保険以外にも、貯蓄型の保険が存在します。その中で、特に教育資金の準備や老後資金の準備に活用できることで人気なのが、「低解約返戻金型終身保険」といわれる終身保険です。では、具体的にどのような商品で、教育資金にどのように活用されているかについてみてみましょう。

低解約返戻金型終身保険の図

【B社の低解約返戻金型終身保険】

  • 加入時年齢:父親30歳(子ども0歳時点で加入)
  • 保険金額:300万円
  • 保険料払込期間:15年(払込満了時の父親の年齢:45歳)
  • 月払保険料:約11,100円
  • 保険料払込総額:約1,998,000円

解約の時期と返戻金(返戻率)

  子どもの年齢 父親の年齢 払込保険料 解約返戻金 返戻率
子どもが大学へ進学するとき 18歳 48歳 約1,998,000円 約2,130,000円 約106.6%
子どもが結婚するとき 30歳 60歳 約2,374,000円 約118.8%
子どもが50歳時点で解約した場合 50歳 80歳 約2,754,000円 約137.8%

子どもが50歳の時点まで継続し、父親の年齢が80歳となると、平均寿命に近いといえます。終身保険なので解約しなければ、いずれは遺族が300万円の死亡保障を受け取ることが可能です。

このように低解約返戻金型終身保険は、お子さまが中学受験をする際にあわせて資金を準備したい、高校入学時に備えたいなどの希望に、比較的自由に対応できます。また、もし教育資金として利用しない場合でも、解約返戻金をご自分の老後資金として活用することも可能です。もちろん死亡保障の役割が本来の保険の役割ですので、亡くなった場合のリスクを保障することも可能です。

ただし、デメリットとしては保険料の払い込みが終了する前に解約をした場合、一般的な終身保険に比べて返戻率が低くなってしまいますので、無理のないプランを設定することが重要となります。

ページトップへ ▲