カタール/ドーハメトロ建設・保守案件への支援

カタール/ドーハメトロ建設・保守案件への支援

NEXI、過去最大の貿易一般保険引き受け

独立行政法人日本貿易保険(NEXI)は、ドーハメトロ建設及び保守案件について、カタールの非常リスクと契約相手方であるQatar Railways Company(QRC)の信用リスクに係る貿易一般保険の引き受けを発表した。
この案件は、カタール初の地下鉄建設プロジェクトであり、本邦企業4社(三菱重工業、三菱商事、日立製作所、近畿車輛)を含むコンソーシアムが受注したものである。
当該保険の被保険者は、三菱重工業株式会社、三菱商事株式会社、株式会社日立製作所の本邦企業3社、事業者は、Qatar Railways Companyである。「非常危険97.5%」「信用危険90%」のてん補範囲・付保率。
本件の引受総額は、NEXIが引き受ける貿易一般保険の案件としては過去最大である。

プロジェクト概要-カタール初の地下鉄建設

ドーハメトロプロジェクトは、カタール政府が2008年10月に発表した国策事業、「Qatar National Vision 2030」の一環として位置づけられている。
カタール国の発展を目指した国家推進事業であり、地下鉄建設のみならず、空港・港湾建設計画等の大規模プロジェクトが盛り込まれている。
この地下鉄建設には、効率的な人々の移動の実現、社会インフラの充実、雇用の創出等による経済効果が期待されている。カタールは2022年のサッカーワールドカップ開催地であることも、インフラ整備を急ぐ背景にある。

本邦企業のインフラ輸出支援

他国との受注競争が激化している中で、本邦企業はインド、イギリス、タイなどで鉄道システムを受注している。
NEXIによる本プロジェクトの支援は、本邦企業が提供する車輌や鉄道システムの競争力強化につながり、中東地域における知名度向上につながる。NEXIは今後とも、本邦企業の海外展開を積極的に支援するとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
独立行政法人日本貿易保険(NEXI)のニュースリリース
http://www.nexi.go.jp/topics/newsrelease
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)