損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、特定疾病を保障する保険種類・特約の保障内容を拡大

特定疾病を保障する保険種類・特約の保障内容を拡大

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社は12月19日、特定疾病(悪性新生物・急性心筋梗塞・脳卒中)を保障する保険種類・特約を2017年4月2日から改定、保障内容を拡大すると発表した。
これにより、同4月2日以降に契約顧客はもちろん、現在契約中の顧客についても改定日以降、保険料の追加もなく手続きなしで対象となる保険種類・特約の保障内容を拡大するとしている。
また、現在対象の保険種類・特約に契約中の顧客については、2017年1月以降に今回の改定内容について個別に案内を送るとのこと。

所定手術で保険金等を支払い、または保険料払込みを免除

この内容は、特定疾病(悪性新生物・急性心筋梗塞・脳卒中)を保障する保険種類・特約の支払い等ができる要件を拡大し、「急性心筋梗塞・脳卒中により所定の手術を受けたとき」にも保険金等を支払い、または保険料の払込みを免除するというもの。
現在は、急性心筋梗塞・脳卒中の場合、所定の状態が60日以上継続することを要件としているが、今回の改定により、急性心筋梗塞・脳卒中により所定の手術を受けたときには、すぐに保険金等の支払いまたは保険料の払込みの免除が可能になるいう。
なお、今回の保障内容拡大に伴う保険料の追加はないほか、手続きも必要なく、現在、対象の保険種類・特約に契約している顧客についても、同4月2日以降は保障内容を拡大するとしている。
(拡大した支払い事由等に該当する手術を受けた場合)
(画像は損保ジャパン日本興亜ひまわり生命HPより)


▼外部リンク
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 プレスリリース
http://www.himawari-life.co.jp/unique/images/company/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)