アフラック、終身医療保険「ちゃんと応える医療保険EVER」を改定

終身医療保険「ちゃんと応える医療保険EVER」を改定
アフラックは1月20日、同社の主力商品となる終身医療保険「ちゃんと応える医療保険EVER」を、2月20日に改定すると発表した。契約日が2017年3月2日以降の契約から取扱可能になるという。
同社は、「一生いっしょの医療保険EVER」を2002年2月に発売して以降、医療環境変化に対応する商品改定を行うことにより、顧客に役立つ医療保険として提供してきたとのこと。
そして今回の改定では、顧客ニーズに”ちゃんと応える”医療保険という本質的な価値をさらに高めるべく、新たな特約の開発などで保障面の効果をすするとともに、保険料をより加入し易い水準に引き下げるとしている(入院給付金の支払い限度や保険料払方タイプ設定などにより、引き上げとなる場合あり)。

「入院一時金特約」「女性特定手術特約」などを新設

同保険の主な改定ポイントでは、入院毎に一時金が支払われる「入院一時金特約」を新設、入院準備に必要な医療費以外(パジャマなどの寝具や身の回りの生活用品など)の費用にも備えることができるという。
また「女性特定手術特約」を新設し、女性特有の手術(乳房・子宮・卵巣が対象の所定手術)や乳房再建術を受けた際に、主契約の手術保障に上乗せして保険金が支払われるとのこと。
さらに、通院給付金の日額を入院給付金日額と同額に設定できるようにしたほか、保険料率を改定し、若中年層を中心に保険料を引き下げるとしている。
(画像はイメージです)


▼外部リンク
アフラック プレスリリース
http://www.aflac.co.jp/news_pdf/2017012002.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アフラック
(記事提供:スーパー・アカデミー)