日本保険学会、平成29年度学会主要行事の日程を発表

滋賀大学経済学部で全国大会の開催

平成29年4月12日、日本保険学会は、平成29年度の学会主要行事の日程を発表した。
平成29年10月27日(金)~29日(日)、滋賀大学経済学部の彦根キャンパスで全国大会が開催される。10月28日(土)には、シンポジウム「今、学会の存続をかけた若手研究者の育成」、10月29日(日)には、共通論題「自動運転が引き起こす保険業界の変貌とその対応」が予定されている。
日本保険学会は、1895年に設立された「保険学会」を前身とし、2015年に創立75周年を迎えた歴史ある学会である。
保険に関する研究や保険研究者相互の協力を促進し、国内外の関係学会や関係団体との協力を図ることを目的としている団体であり、その主な活動は、全国大会(研究発表、意見交換のための年次大会の開催)、部会(研究部門単位、地域単位の部会活動)、機関誌その他保険の研究に関する印刷物の編集・発行である。

各部会日程も発表

全国大会の開催予定と共に、各部会の平成29年度日程も発表されている。関東部会は、第1回:6月2日(金)16時~、第2回:9月22日(金)16時~、第3回:12月15日(金)16時~、第4回:平成30年3月23日(金)16時~となっている。
関西部会は、第1回:6月10日(土)の午後、第2回:11月17日(金)の夜、第3回:平成30年2月17日(土)の午後であり、九州部会は、第1回:7月29日(土)の午後、第2回:平成30年2月10日(土)の午後を予定しているという。
(画像は、日本保険学会ホームページより)


▼外部リンク
日本保険学会 平成29年度学会主要行事予定
http://www.js-is.org/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)