明治安田生命、宮崎県との地方創生に関する包括連携協定を締結

宮崎県との地方創生に関する包括連携協定を締結

明治安田生命保険相互会社は4月25日、宮崎県との間で、地方創生に関する包括連携協定を同日に締結したと発表した。
宮崎県にて、保険会社と複数分野での協働を想定した『包括連携協定』を締結するのは、同社が初めてとなる。
同協定の締結により同社は、宮崎県が進める諸施策に、同社の保険事業や社会貢献活動等を通じて培った知見やノウハウを提供する。
また、県内の同社営業網(1支社・10営業所等の拠点網、従業員約300人)や全国規模のネットワーク(1,000を超える拠点網、4万人を超える従業員)を活用し、関係各方面とも広範にわたる連携を強化して、同県とともに地域社会の発展に取組むとしている。

地域の安全・安心や健康づくりなどを両者連携し推進

協定の名称は、「宮崎県と明治安田生命保険相互会社との地方創生に関する包括連携協定」となり、1)地域の安全・安心や健康づくり、2)結婚・出産・子育て支援、3)産業・観光振興及び地域経済の支援、4)地域の活性化と県民サービスの向上、などに関することにつき、両者連携して推進するという。
主な実施事項としては、地域の安全・安心や健康づくりに関することでは、子どもや高齢者が安心して暮らせる街づくりに向けた「地域を見守る」活動や、宮崎県の少子化対策や健康づくり分野などでの共同研究等を行う。
また、結婚・出産・子育て支援に関することでは、「婚活イベント」の開催や、「未来みやざき子育て県民運動推進」に向けた取組みのほか、「J.FC MIYAZAKI」協力のもと、子ども向けサッカー教室の開催等を行うとしている。
(画像は明治安田生命保険HPより)


▼外部リンク
明治安田生命保険相互会社 プレスリリース
http://www.meijiyasuda.co.jp/profile/news/release/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:明治安田生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)