あいおいニッセイ同和損保、2016年度の収集ベルマーク約202万点を震災被災地の学校等に寄贈

収集ベルマーク約202万点を震災被災地の学校等に寄贈

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社は5月12日、2016年度の収集ベルマーク約202万点を震災被災地の学校等に寄贈したと発表した。
同社は、ベルマーク教育助成財団の理念である「すべての子どもに等しく豊かな環境で教育を受けさせたい」に賛同、2000年4月から協賛企業として参加している。
また、損害保険会社で唯一のベルマーク運動への協賛企業として、全社挙げて収集活動に取り組み、2011年3月の東日本大震災発生以降は、主に震災被災地の学校へ収集点数を寄贈している。
この取り組みには、3,800社を超える企業・団体、同社代理店のほか、同社のHPをみた顧客からも協力を受けているという。

これまで(2011~2016年度)の寄贈先学校は141校に

寄贈点数は、1点=1円に換算されてベルマーク預金となり、その預金で学校設備や教材が購入できる。寄贈先の学校では、子どもたちが楽しく学校生活を送る一助として、子どもたちの教育活動充実のために、大切に活用されている。
2016年度は、社内のほか各地域の取引先や地方公共団体との連携してベルマーク収集活動を行った結果、約202万点が集まったもので、東日本大震災・熊本地震の被災地域にある学校のほか、地域密着の一環として地域の学校へ寄贈するとのこと。
なお、これまで(2011~2016年度)の取り組み結果として、ベルマーク収集点数は約1,370万点となり、寄贈先学校は141校になるという。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 プレスリリース
http://www.aioinissaydowa.co.jp/corporate/about/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:あいおいニッセイ同和損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)