第一生命、鳥取県と包括連携協定を締結

第一生命保険が鳥取県と包括連携協定を締結

第一生命保険株式会社は8月21日、健康増進および地域の一層の活性化と県民サービスの向上を目的に、鳥取県と包括連携協定を締結したと発表した。
同社には、全国47都道府県に約1,300の営業拠点があり、約6万名の社員が在籍している。
そしてこのネットワークを基盤に、同社のグループ会社(第一フロンティア生命保険株式会社、ネオファースト生命保険株式会社、株式会社第一生命経済研究所等)と協力しながら、それぞれの都道府県との連携協定を通じて地域の課題解決に取り組んでいる。
鳥取県では、同社の鳥取支社が2012年6月から「がん検診推進パートナー企業」として、がん検診受診率向上に向けた取組みを行うほか、認知症や障がい者の生活見守りサポート活動などを通じて、県民の健康増進と安心できる暮らしの実現を後押ししてきている。

健康増進に関するセミナー等を開催

今回、鳥取県と取り決めした連携項目としては、健康増進の支援、スポーツ振興、女性の活躍推進と結婚・子育て支援の推進、環境保全等の推進、地域の活性化・県民サービスの向上、のそれぞれに関することとしている。
健康増進の支援に関する具体例では、同社の包括提携先となる国立がん研究センターなど5つのナショナルセンターと連携し、健康増進に関するセミナー等を開催するとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
第一生命保険株式会社 プレスリリース
http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)