明治安田生命、「50歳からの終身医療保険」の発売を発表

終身医療保険と契約者専用サービスを同時に発表

明治安田生命保険相互会社(以下明治安田生命)は、2017年12月2日から、セカンドライフ世代専用の新しい医療保障商品「50歳からの終身医療保険」<5年ごと配当付終身医療保険(解約返戻金抑制型)>を発売すると10月26日に発表した。
また契約者専用サービスとして「50歳からの健康&生活サポートサービス」を提供することも発表した。申し込みができるのは50歳から90歳までとなっている。

手厚いサポートで安心感を提供

「50歳からの終身医療保険」は5年ごと配当付終身医療保険(解約返戻金抑制型)となっており、シンプルでわかりやすいをコンセプトとしている。基本は入院・手術・放射線治療だが、先進医療保障を特約で付加することができる。
「50歳からの終身医療保険」には契約者専用サービスとして「50歳からの健康&生活サポートサービス」を提供、健康維持や医療情報、介護や遺産相続に関する相談など、契約者の健康や生活を幅広くサポートするため明治安田生命の営業職員が対面のアフターフォローで契約内容を確認する。

入院1日以上で一時金を給付する

「50歳からの終身医療保険」は、入院1日以上で「定額一時金給付タイプ」の保障する保険となっている。医療の進歩で入院日数は短期化の傾向にあるが、年齢とともに入院を繰り返すリスクが高くなるためで、保険料払込期間中の死亡給付金・解約返戻金をなくし低廉な保険料を実現した。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
明治安田生命保険相互会社のプレスリリース
http://www.meijiyasuda.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:明治安田生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)