アフラック「Teamがん対策ひろしま」デーモン閣下特別賞に輝く

広島県が全国に先駆けて行っている取り組み

アフラックは、10月20日に広島県で開催された「Teamがん対策ひろしま」でデーモン閣下特別賞を獲得したことを、10月26日に発表した。
「Teamがん対策ひろしま」は2014年に広島県が始めたがん対策に関する取り組みで、広島県内に本社や支社のある企業が登録。登録企業が実施したがん対策に関する活動の中で、他の企業の見本となる活動や優秀な成果を残した企業を表彰する。
また、同社が今回受賞した「デーモン閣下特別賞」とは、多くの企業の良き先例となり、多くの人に勇気を与える活動を行った1社が選ばれ、デーモン閣下から特別に贈られるもの。なお、デーモン閣下は広島県がん検診啓発特使として活躍している。

がんにかかった社員の治療と就労をサポート

今回、アフラックが特別賞に輝いた理由は、がんにかかった社員の相談に、上司や人事部、産業医などが応じ、一人一人の事情を考えて、治療を支援するための制度や治療と就労を両立するための制度活用などを行ったことが挙げられる。
また、復職面談の際には、管理職、産業医、人事担当者を交えて病気と仕事の両立支援プランを作成。復職後も産業医によるきめ細かいフォローを行っていることや社員全員に対し、「がんと仕事の両立」をテーマにしたe-learningを実施していることも評価された。
(画像は広島県ホームページより)


▼外部リンク
アフラック ニュースリリース
http://www.aflac.co.jp/news_pdf/20171026.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アフラック
(記事提供:スーパー・アカデミー)