あいおいニッセイ同和損保 東京都と包括的連携協定

健康増進や文化・スポーツ振興など9分野

あいおいニッセイ同和損保は、12月14日、東京都と包括的連携協定(ワイドコラボ協定)を締結したことを発表した。また、同じ日に、東京都庁で小池百合子東京都知事と同社代表取締役社長の金杉恭三氏参列のもと、協定の締結式を行った。
今後同社は、東京都と協力して健康増進や文化・スポーツ振興に関することなど、9つの分野で、都と連携して取り組みを行っていく。
今回、同社が協定を結んだのは、以下の9分野。
健康増進、文化及びスポーツ振興に関すること、地域の安全安心に関すること、環境に関すること、ライフ・ワーク・バランス及び女性の活躍推進に関すること、中小企業支援に関すること、防災・減災に関すること、子育て及び高齢者支援に関すること、その他、地域社会の活性化及び都民サービスの向上等に関すること(プレスリリースより引用)

地域密着企業として都民にも貢献

同社は「地域密着」を企業経営の柱の1つとしていて、これまでにも地域社会や地域企業に貢献するための取り組みを実施してきた。また、全社員が1つとなって、全国で障がい者スポーツの魅力を伝える活動や、障がいを持ったアスリートの採用、奨学金制度の運用も行ってきた。
今後、同社は地域密着企業として培ってきたネットワークや業務で培ったノウハウ、さらに障がい者スポーツ支援の分野などで、取り組みを進めていく。
(画像はあいおいニッセイ同和損保ホームページより)


▼外部リンク
あいおいニッセイ同和損保 ニュースリリース
https://www.aioinissaydowa.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:あいおいニッセイ同和損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)