損保ジャパン日本興亜など、浜松市と『駐車場シェアリングの実証実験に係る連携協定』を締結

『駐車場シェアリングの実証実験に係る連携協定』締結

タイムズ24株式会社と損害保険ジャパン日本興亜株式会社は1月9日、浜松市と「浜松市が関与するイベント等を実施する際の、シェアリングエコノミーの手法を活用した、駐車場問題対策の実証実験に係る連携協定」を、同日締結したと発表した。
シェアリングエコノミーは、場所・乗り物・モノ・人・お金などの遊休資産を、ICTを活用して共有する新たな経済の仕組みで、浜松市は、地域内で不足するサービスや資産を分け合う共助の仕組みで地域活性化を図るため、「シェアリングシティ宣言」を発表している。
損保ジャパン日本興亜は、「安心・安全」なシェアリングエコノミーの発展を支援するため、シェアリングサービス事業者や自治体を対象とした賠償リスクを総合的に補償する専用保険商品を、2016年11月から販売している。
またタイムズ24は、企業理念に掲げる快適なクルマ社会の実現に向け、時間貸駐車場「タイムズ」を日本全国で約17,000件運営しているほか、駐車場シェアリングサービス「B-Times」を展開している。
そこで両社は、それぞれの両社の強みを活かして市民サービス向上と地域活性化に貢献するため、シェアリングシティ宣言都市である同市に「B-Times を活用した駐車場問題対策の実証実験」を共同で提案したところ、今回の協定締結に至ったもの。

市民の利便性向上と道路交通の円滑化を図る実証実験

今協定の目的は、イベント開催時に3者が相互に連携と協力をすることで、一時的な駐車場需要の増加に対応し、浜松市民の利便性向上と道路交通の円滑化を図る実証実験を行うこととしている。
連携を行う対象イベントとしては、2018年の浜松城公園さくらまつり、および平成30年度の全国高等学校総合体育大会バドミントン競技大会・高松宮記念杯第69回全国高等学校バドミントン選手権大会を計画している。
また、それぞれの実施事項としては、浜松市はこの実証実験に関する市民への周知を行い、タイムズ24は駐車場シェアリングサービスの提供(駐車場開発、予約システム運営、トラブル対応等)と施設に起因する賠償責任を補償する保険契約を実施する。
さらに損保ジャパン日本興亜は、保険商品の提供(施設に起因する賠償責任を補償する保険)、および駐車場用地提供の呼びかけを行うこととしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
損害保険ジャパン日本興亜株式会社 プレスリリース
http://www.sjnk.co.jp/~/media/SJNK/files/news/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン日本興亜
(記事提供:スーパー・アカデミー)