損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、保有契約件数が400万件を突破

「新・健康のお守り」シリーズが申込件数100万件達成

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社は1月11日、2017年12月末時点にて保有契約件数が400万件を突破するとともに、医療保険「新・健康のお守り」シリーズの申込件数が、累計で100万件を突破したと発表した。
同シリーズには、「新・健康のお守り」(医療保険(2014))および「新・健康のお守り ハート」(払込期間中無解約返戻金限定告知医療保険)がある。
同社は、1993 年に日本で初めて保障期間が終身の医療保険を開発し、顧客のニーズを捉えた商品開発に努めてきている。
2014年5月には「新・健康のお守り」を発売し、また2015年4月には、健康上の理由等で「新・健康のお守り」に加入できない顧客にもできるだけ同様の保障内容が提供できるよう、告知項目を限定することで引受基準を緩和した商品「新・健康のお守り ハート」を発売した。
さらに2017年4月には、「新・健康のお守り」に付加できるオプションとして、要介護1以上で介護一時金が受け取れる「介護一時金特約」を、また同年11月には、「医療用入院一時金特約」と「医療用通院特約」を発売し、多くの顧客から支持を受けている。

健康サービスブランド「リンククロス」を一般に提供

同社は、こうした社会環境の変化や顧客の多様なニーズに合わせた商品・オプションを充実させることで、顧客に新たな価値を提供できたことが、保有契約400万件達成と「新・健康のお守り」シリーズの申込件数100万件達成につながったとみている。
また同社は、顧客に一生涯寄り添う「健康応援企業」への変革を目指していて、2016年9月には顧客に心地よく、楽しく、健康を維持してもらうことをコンセプトとした健康サービスブランド「リンククロス」を立ち上げ、同社の契約者だけでなく広く一般消費者のに、さまざまな健康サービスを提供している。
そして今後も、顧客に健康を軸とした新たな価値を提供し続けていくことで、顧客から選ばれる生命保険会社を目指していくとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社 プレスリリース
http://www.himawari-life.co.jp/~/media/himawari/files/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)