明治安田生命、「あしながチャリティー&ウォーク」でのチャリティー募金を寄贈

「あしながチャリティー&ウォーク」チャリティー募金

明治安田生命保険相互会社は1月23日、「あしながチャリティー&ウォーク」でのチャリティー募金約1,600万円を、あしなが育英会に寄贈したと発表した。
「あしながチャリティー&ウォーク」は、あしなが育英会の協力のもと、同社役職員がウォーキングとチャリティー募金を通じて遺児支援の輪を広げる活動で、2011年度から実施しているもの。
2017年度は、全国73ヵ所で8月から12月の5ヵ月間にわたって、同社や東京海上日動火災保険株式会社など賛同企業の役職員とその家族らがウォーキングに参加し、総勢約41,000人がチャリティー募金を行った。

「人に一番やさしい生命保険会社」を目指す

また、あしなが育英会への寄贈のほか、同活動で集まったチャリティー募金の一部は、同社の盛岡・仙台・郡山の各支社が別途実施した募金と合わせて約438万円を、岩手県・宮城県・福島県が運営する東日本大震災遺児支援基金等に寄贈するという。
この寄贈内訳は、いわての学び希望基金(岩手県)に約152万円、東日本大震災みやぎこども育英募金(宮城県)に約159万円、東日本大震災ふくしまこども寄附金(福島県)に約127万円となる。
なお同社は、企業ビジョンに掲げる「人に一番やさしい生命保険会社」を目指しており、今後もこの活動を通じて遺児支援に取り組み、子どもの健全育成および東日本大震災復興支援に貢献していくとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
明治安田生命保険相互会社 プレスリリース
http://www.meijiyasuda.co.jp/profile/news/release/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:明治安田生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)