ジェイアイ傷害火災、インターネット専用ダイレクト火災保険「iehoいえほ」を販売開始

インターネット専用ダイレクト火災保険「iehoいえほ」
ジェイアイ傷害火災保険株式会社は3月29日、必要な補償を自由に選択できるインターネット専用のダイレクト火災保険「iehoいえほ」を、3月29日から販売すると発表した。
同商品は、住居用途のみに使用される建物と、その建物に収容される家財を対象としたインターネット専用の火災保険となり、申込み手続きをインターネットでダイレクト化し、かつ補償を限定することで、手頃な保険料を実現したとしている。
特徴として挙げられるのが、インターネットから手軽に申込みができることで、顧客の火災保険申込み手続きに要する手間や時間を減らすため、建物や耐震構造等を確認する資料は、インターネット(マイページ)からアップロードにより提出する方式をとるなど、見積りから申込み手続きまでを完全ペーパレス化している。
これにより、資料のコピーや郵送などの手間がなくなり、より手軽に何時でも火災保険の申込みができることとなる。

必要な補償を選んで加入可能

また、補償項目がパッケージ化されている火災保険とは異なり、必要な補償を選んで加入できるため、無駄のない合理的な保険料の負担設定が可能。
さらに、これまでの火災保険にはない“補償項目のさらなる細分化”を行っていて、落雷補償や水濡れ補償などを独立化し、顧客ニーズによりきめ細かく応えられる商品としている。
このほか、築年数に応じた保険料体系を実現していて、築年数が10年までの物件は、より安い保険料で加入が可能なリスク細分型商品となっている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
ジェイアイ傷害火災保険株式会社 プレスリリース
http://www.jihoken.co.jp/whats/wh_detail.html?p=2053
●この記事に関連したニュースカテゴリ:ジェイアイ傷害火災
(記事提供:スーパー・アカデミー)