企業のBCP実効性を高めるソリューションに連動したBCP対応費用保険をJTBが販売

企業のBCP実効性を高めるBCP対応費用保険を販売開始

株式会社JTBは4月4日、この4月からサービスを開始したBCP(事業継続計画)実行支援サービス『RECOVALUE』に連動した「RECOVALUE連動BCP対応費用保険」の販売を、同日から開始すると発表した。
BCP対応費用保険は、同社のBCP実行支援サービス『RECOVALUE』を契約した企業専用の保険で、震度6弱以上の地震発生等所定の条件で事業が中断する危惧が生じ、BCPを発動して同サービスを利用した際の宿泊・移動費用の80%を補償するものとなる。
同社グループの保険会社であるジェイアイ傷害火災保険株式会社が開発したもので、保険期間は1年で、毎年の契約更新が要る。
『RECOVALUE』は、企業が災害発生に際し、平常時に契約・策定したBCPに基づいて拠点移動を決断した場合に、宿泊や移動の手配のほか危機管理情報を提供するサービスとなる。
しかし実際のところ、首都圏から関西へ移動するBCPを策定している企業向けのため、首都直下地震による甚大な被害を想定しているケースが多く見られるという。

対応費用が高額になるリスクの低減を目的に開発

首都直下地震などの災害は、いつ発生するかは分からないため、同サービスでの災害時の宿泊・移動費用については、平常時のサービス利用料とは別に、発生した際に収受することになる。
宿泊・移動する人数や期間によっては、対応費用が高額になる可能性があることから、このリスク低減を目的に今回開発したとしている。
(画像は株式会社JTBのHPより)


▼外部リンク
株式会社JTB プレスリリース
https://www.jtbcorp.jp/scripts_hd/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)