SBI生命と近大、AI活用の「がん遺伝子パネル検査」実施可能性を問う臨床研究開始

AI活用の「がん遺伝子パネル検査」実施可能性研究開始
SBI生命保険株式会社と近畿大学は5月7日、近畿大学医学部附属病院で治療中のがん患者を対象として、AI(コグニティブ・コンピューティング・システム)を活用した「がん遺伝子パネル検査」の実施可能性を問う臨床研究を、この5月14日から開始すると発表した。
この検査は、個々の患者の微小ながん組織あるいは血液から遺伝子情報を解析し、当該患者に最適な治療法を診断するもので、がんの標準治療が効かなくなり使える薬がなくなった場合でも効果が期待できる薬物治療を見つけられる可能性があるという、遺伝子検査技術になる。
近畿大学医学部ゲノム生物学教室の西尾和人教授は、「近大クリニカルシークエンス」プロジェクトとして全国に先駆けて同検査に取り組み、これまでに1,000件以上のがん組織サンプルの遺伝子解析を行ってきている。
臨床研究では、「近大クリニカルシークエンス」に AI技術を取り入れることで、膨大な論文情報や知識情報を活用することで、患者個々人に適した抗がん剤とその標的となる遺伝子を解析するとしている。

検査費用を軽減する保険商品の開発可否を調査

さらに、一連のプロセスにて、経過日数、検査費用や臨床的意義などや人工知能や保険商品を活用するためのノウハウを研究し、より最適ながんゲノム医療提供体制の構築につなげるソリューションの検討・開発を行うとのこと。
なお研究は、遺伝子パネル検査の費用負担軽減を目的とした保険商品の開発が可能かどうかを調査するものとし、同病院で治療中のがん患者30名を対象に行う予定で、5月14日から開始する。
(画像はSBI生命HPより)


▼外部リンク
SBI生命保険株式会社 プレスリリース
https://www.sbilife.co.jp/corporate/press/pdf/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:SBI生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)