みずほ銀行、住宅ローン利用者向け「火災保険ペーパレス申込システム」の取扱開始

「火災保険ペーパレス申込システム」の取扱開始

株式会社みずほ銀行と損害保険ジャパン日本興亜株式会社は5月21日、みずほ住宅ローン利用者向けの火災保険「THE すまいの保険」について、みずほ銀行のタブレット端末からペーパレスで加入できる「火災保険ペーパレス申込システム」を共同開発し、同日から申込手続きを開始すると発表した。
このシステムでは、顧客がみずほ銀行の窓口で住宅ローン用火災保険に加入する際、窓口担当者とともにタブレット端末画面を見ながら申込手続きを進めることができるようになるもの。
このため、顧客が申込内容の変更を希望する場合も、保険料の再計算や申込内容の修正がタブレット上で完結し、これまでは書面での手続きで必要だった申込書の訂正や訂正印押印といった手間がかからなくなるという。

顧客に役立つ情報提供も可能に

この効果として、顧客にとっては、より分かりやすく簡単かつスピーディーに火災保険の手続きを行うことが可能になるとともに、みずほ銀行としても業務効率化が実現できることから、他の商品・サービスの紹介など、顧客に役立つ情報提供も可能となるとのこと。
なお両社は、今後も顧客の多様なニーズに応えるため、魅力のある商品・サービスの提供に努めていくとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
損害保険ジャパン日本興亜株式会社 プレスリリース
https://www.sjnk.co.jp/~/media/SJNK/files/news/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン日本興亜
(記事提供:スーパー・アカデミー)