マニュライフ生命、『ライフタイム・カレンシー』を新たに富山銀行で発売

『ライフタイム・カレンシー』を新たに富山銀行で発売

マニュライフ生命保険株式会社は5月21日、外貨建定額個人年金保険 ペットネーム『ライフタイム・カレンシー』を、5月22日から株式会社富山銀行を通じて発売すると発表した。
この商品は、年金を最短で契約日の2ヵ月経過後から一生涯にわたって受け取れ、人生100年時代に備える定額個人年金保険となる。
この特長は、最短2ヵ月後から契約通貨建ての年金が支払われるため、すぐに年金の活用ができるほか、年金の合計額は、年金原資(契約通貨建て)の130%または110%のいずれかが最低保証されることとなる。

保証金額に達するまで年金受取人が年金を受け取れる

また、「増やしながら受け取りたい」という顧客ニーズに応えるとともに、年金支払期間中に被保険者が亡くなった場合でも、年金の合計額が保証金額に達するまで、年金受取人が年金を受け取れる(死亡一時金での支払いはない)。
そして、契約時に米ドルか豪ドルの契約通貨と据置期間(5年以下)を選択して、契約日に設定されている積立利率で運用するほか、保険料は日本円を含む5種類の通貨から選択しての払い込みが可能となっている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
マニュライフ生命保険株式会社 プレスリリース
https://www.manulife.co.jp/servlet/
『ライフタイム・カレンシー』の特長
https://www.manulife.co.jp/lifetimecurrency-fi
●この記事に関連したニュースカテゴリ:マニュライフ生命保険株式会社
(記事提供:スーパー・アカデミー)