第一生命、地域活性化など目的に福岡県と包括提携協定を締結

地域の一層の活性化など目的に包括提携協定を締結

第一生命保険株式会社は6月6日、福岡県との間で地域の一層の活性化と県民サービスの向上を目的に「包括提携協定」を締結したと発表した。
同社では、全国47都道府県に約1,300の営業拠点を有し約6万名の社員が在籍する。このネットワークを基盤に、グループ会社の第一フロンティア生命保険株式会社、ネオファースト生命保険株式会社、株式会社第一生命経済研究所等と協力しながら、各自治体と結ぶ連携協定を通じて地域の課題解決に取り組んでいる。
福岡県とは、2012年10月に「がん対策推進企業等連携協定」を締結し、がん検診受診率向上に向けた取り組みのほか、県民の健康増進に向けた協働に取り組んできた。
さらに2016年7月には「福岡県子育て応援宣言企業」に登録し、同県でのダイバーシティ推進に向けた協働に取り組んできている。
今回、6項目にわたる包括連携協定を締結することで、県民の「健康」と「安心」を支えるための連携・協働を更に深化させ、双方共通の思いとなる「地域の一層の活性化」と「県民サービスの向上」を目指していくという。

地域の活性化と県民サービス向上の取り組み

「包括提携協定」項目としては、1)健康づくり、2)高齢者・障がい者の支援、3)子育て支援・青少年の健全育成・女性活躍推進、4)スポーツ振興、5)地産地消と県産品の販売拡大、6)その他地域の活性化および県民サービスの向上、のそれぞれに関することを掲げる。
具体的に健康づくりに関することでは、同社の包括提携先である国立がん研究センターと連携し、がんに関する県民向け啓発セミナーを福岡県との共催にて、9月27日に開催を予定している。
また、がん検診受診率向上・健康診断受診率向上その他健康づくりに関する取組みとして、がん対策推進企業としてがん検診受診推進チラシ等による啓蒙活動の継続のほか、県のがん検診受診勧奨イベント等への協力を行うという。
さらに、高齢者・障がい者の支援に関することでは、国立長寿医療研究センターが開発した認知症予防のための運動プログラム「コグニサイズ」のDVDを県内の介護施設等に提供するとともに、県の動画配信サイト「ふくおかインターネットテレビ」で配信などを行うとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
第一生命保険株式会社 プレスリリース
http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:
その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)