ジェイアイ傷害火災、ソニー損保の海外旅行保険販売開始で業務提携

ソニー損保の海外旅行保険販売開始で業務提携

ジェイアイ傷害火災保険株式会社は6月21日、ソニー損害保険株式会社が同日からインターネット経由での海外旅行保険販売を開始するに当たって、提携契約を締結したと発表した。
今回の提携によりジェイアイ傷害火災は、ソニー損保が販売する海外旅行保険契約者に対し、海外旅行時の事故やトラブルが発生した場合は「t@bihoたびほ」を通じて各種のサポートサービスを提供するという。
提携の内容は、同社の海外旅行保険での知見と全世界に広がるネットワークを活かすことで、顧客に対し24時間365日の日本語サポートのほか、高レベルの充実したサポートサービスを提供するとしている。
株式会社JTB総合研究所の調査「海外観光旅行の現状2017」によると、日本人の海外旅行者数は2012年の1,850万人が最大で、その後は減少してきたものの、2016年には1,711万人と上昇に転じ、2017年も1,788万人と好調を維持している状況にあるという。
「t@bihoたびほ」を通じたサポートサービス提供を開始
そして、海外旅行の予約は、約7割がインターネット経由で行われているほか、個人手配旅行や自由行動型ツアーへのシフト傾向もあり、海外旅行保険契約はインターネットでの契約が最も進んでいる商品ともいわれている。
一方で、損保会社が新規に海外旅行保険取扱いに参入するには、海外で事故に遭遇する顧客への対応や海外アシスタンスサービスの構築など、初期投資が必要になることから、一般の傷害保険と比べて参入障壁が高いことが課題となっていた。
同社は、海外旅行保険の取扱いに必要な各種オペレーションを第三者に提供できる体制を整えていたことから、今回のソニー損保との提携により、同社の海外旅行保険契約者に対する「t@bihoたびほ」を通じたサポートサービスの提供を開始することで、前記課題の解消につなげることとなったもの。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
ジェイアイ傷害火災保険株式会社 プレスリリース
http://www.jihoken.co.jp/whats/wh_detail.html?p=2233
●この記事に関連したニュースカテゴリ:ジェイアイ傷害火災
(記事提供:スーパー・アカデミー)