住友生命、「たのしみグローバル」を発売

外貨建て一時払い個人年金保険を新たに2種

住友生命保険相互会社(以下「住友生命」)は7月13日、8月1日から外貨建て一時払い個人年金保険の新商品を販売すると発表した。
新商品「たのしみグローバル」には指数連動プランと定率増加プランの2種類がある。指数連動プランの方は、三井住友銀行においては「たのしみステップ」の名称で販売される。
最低払込金額は米ドル、豪ドルのいずれかで1万ドル、または日本円で100万円。据え置き期間が5年の場合は85歳まで、10年の場合は80歳まで契約可能。告知や医師の診察は不要で、契約時の初期費用はない。

安定的な運用のための指数に連動する初の商品

「たのしみグローバル」の指数連動プランは、安定的な運用を目指す指数(ボラティリティコントロール指数)に連動している。
1年ごとに調整される指数が積立金の増加量に反映され、マーケットの上昇面で資産をしっかり増やし、増えた資産をきちんと守ることを可能にする。指数が下落した場合でも、積立金は指定通貨建てで減少しない。指数の上昇に連動して積み立てが行われる仕組みは業界初となる。
加入後は自動または任意で円建年金保険に変更して日本円での年金原資を確保する機能や、ネットや電話による即日解約サービスなど、使いやすいサービスも提供している。
(画像は住友生命公式ホームページより)


▼外部リンク
住友生命
http://www.sumitomolife.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:住友生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)