楽天生命、団体信用生命保険の保障を大幅に充実

大半の病気やケガによる就業不能をカバー

楽天生命保険株式会社(以下 「楽天生命」) は8月1日、団体信用生命保険の保障内容を充実して取り扱いを開始したと発表した。
団体信用生命保険は被保険者が病気やケガで死亡、または就業不能状態になった場合、住宅ローンの返済を保障する。楽天生命ではこれまで8疾病就業不能保障特約付きの保険を提供していたが、8月1日から全疾病特約付きの取り扱いを開始した。
新商品では就業不能となる原因を限定せず大半の病気やケガによる就業不能が対象となるほか、その場合の月々のローン返済も保障するなど、保障内容が大幅に充実した。

従来のローン残高保障に加えて短期の保障も

これまでの商品では、被保険者が死亡または所定の高度障害状態となったとき、あるいは病気やケガで就業不能になり1年をこえてその状態が継続したとき、保険金が支払われた。
新商品では支払い基準日において所定の就業不能状態が15日をこえて継続しているとき、月々のローン返済額も保障される。
楽天生命ではWEB経由で申し込みに対応しているので、健康状態の告知を添えて申し込みを行えば、最短で同日にも承諾の可否が判明する。
楽天生命は今後も、顧客のニーズに応える保険商品やサービスの開発と提供を進めていく方針だ。
(画像は楽天生命公式ホームページより)


▼外部リンク
楽天生命 リリース
https://www.rakuten-life.co.jp/pdf/news/20180801.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)