アクサ生命保険、埼玉県と連携協定締結

健康的な寿命の延伸のために
アクサ生命保険株式会社は9月7日、去る2018年9月6日に埼玉県と県民の健康及び寿命の延伸を目指した連携協定を締結したことを発表した。
これは埼玉県が県の主要施策としてあげている「健康長寿埼玉プロジェクト」に基づいて行われたもので、健康づくりの施策や寿命の延伸につながる取り組みをお互いに連携・協力していくことを目的としている。
具体的には健康経営の推進に関すること、健康長寿サポーターの養成・拡大に関すること、糖尿病重症化予防の啓発活動の実施に関すること、埼玉県コバトン健康マイレージの普及推進に関すること、そしてその他、双方が必要と認めることの5点を主軸として協力していく。
アクサ生命保険株式会社は自社の持つノウハウや人的ネットワークを埼玉県の行う各種施策でひろく役立ててもらうだけでなく、県民の健康・生活・地域発展に貢献していきたいと意欲的。
埼玉県をひろくサポート
アクサ生命保険株式会社はこれまでも埼玉県内において、古くは1968年より商工会議所の生命共済制度や特定退職金共済制度といった共済制度の推進を通じ、県民の福利向上を図ってきた。
今後はこれまでの地域に根差した活動をさらに健康面におけるサポートに昇華させ、埼玉県民の良き「パートナー」となるべく協力していくとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
アクサ生命保険株式会社ニュースリリース
http://www2.axa.co.jp/info/news/2018/pdf/180907.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アクサ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)