フコク生命、団体医療保険の保障を大幅拡大

企業・団体向けの「メディカルHOPE」を新発売

富国生命保険相互会社(以下「フコク生命」)は9月13日、同社が提供してきた「医療保障保険 (団体型)」の保障内容を拡大した、「メディカルHOPE」を 発売すると発表した。
10月1日発売の新商品では、日帰り入院から保障がある。新しく入院見舞い給付金、手術給付金、放射線治療給付金も追加された。3大疾病保障特約を付加すれば、治療のための一時金を準備することもできる。
保障のタイプはニーズに応じて、「がん入院倍額型」「基本型」「入院限定型」の3つから選択できる。1回の入院における支払い限度日数も60日と120日の2つから選択。
企業・団体が保険料を負担する全員加入タイプと従業員が保険料を負担する任意加入タイプを揃え、後者の場合は家族特約を付記することで、配偶者や子どもの加入もカバー。

リスクに応じた保険料体系、従来商品より割安

新商品の保険料は、従来商品の約4割から8割になる。男女別・年齢群団方式の保険料率を採用し、リスクに応じた保険料体系とした。
商品の付帯サービスとしては、「フコク生命あんしん健康相談ダイヤル」が無料で利用できる。
フコク生命はこれからも顧客を基点とした価値観を見据え、さまざまなニーズにあった商品やサービスの提供に努めていく方針だ。
(画像はフコク生命公式ホームページより)


▼外部リンク
フコク生命 リリース
https://www.fukoku-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:フコク生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)