GMジャパン、「ゼネラルモーターズ・ジャパン自動車保険」を提供開始

「ゼネラルモーターズ・ジャパン自動車保険」提供開始

ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社(GMジャパン)は9月25日、損害保険会社の自動車保険に無償付帯サービス「オリジナル補償」をプラスした自動車保険プログラム「ゼネラルモーターズ・ジャパン自動車保険」を、この10月1日から全国の正規ディーラーネットワークで提供すると発表した。
対象車両ブランドは、GMがこれまでに取り扱った全車種(中古車を含む)で、キャデラック・シボレーのほか、ハマー・オペル・サーブ・ビュイック・ボンティアック・GMC・サターン車となる。
この保険の特長は、従来の損害保険会社が提供する自動車保険に、ゼネラルモーターズ・ジャパンが提供する無償付帯サービス「オリジナル補償」をプラスしていることで、これには、「ガラス補償」(支払い限度額は90,000円)、「タイヤ補償」(同45,000円)、「ボディ補償」(同45,000円)の3つがある。
「ガラス補償」は、飛び石等飛来物、落下物によるフロントガラスの損害を補償するもの、「タイヤ補償」は走行時に他物との接触やいたずら等によるタイヤへの単独損害を補償するものとなり、また「ボディ補償」は、落書きやいたずらによるボディ損害を補償するものとなる。
なお、この取り扱いをするのは、正規のキャデラックとシボレーのディーラーだけとなり、車両対象は新車・中古車を問わないとのこと。

自動車保険料をオートローンに組み込み支払いを一本化

専用窓口として、「ゼネラルモーターズ・ジャパン自動車保険専用デスク」のサービスを利用できるほか、独自の保険料支払い方法として「ローンプラン」を選択でき、この場合、自動車保険料をオートローンに組み込むことで支払いが一本化され、保険料を月々に分散することができる。
またボーナス併用払いやステップアッププラン、ステップダウンプランなど、オートローンの支払い方法により、自動車保険料の支払い方法が変更可能になり、毎年の継続手続きも不要という。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社 プレスリリース
https://media.gm.com/media/jp/ja/gm/news.detail.html/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)