通貨選択型特別終身保険「やさしさ、つなぐ」の生前贈与機能強化

より多く、生前贈与が可能に
三井住友海上プライマリー生命保険株式会社は10月5日、自社の通貨選択型特別終身保険「やさしさ、つなぐ」に新たな機能を追加したことを発表した。
「やさしさ、つなぐ」は好金利が期待できる外貨(米ドル・豪ドル)もしくは円のどれかを契約通貨として運用し、得た資産を生前贈与と自分年金の2種より選択する終身保険。
今回は顧客からのより多く、より確実に生前贈与を行いたいという要望を受け、基本保険金額の全額を生前贈与できる「終身保障倍率0倍」を米ドル・豪ドルを契約通貨としている場合に選択可能となった。
また、外貨建ての生存給付金に上限を設ける「自動調整及び繰り越し」の機能も新たに付加。これにより、円安時に指定上限額を上回ればそれを繰り越すことで将来の円高時の不足分に充当することが可能となり、安定して一定の生存給付金を受け取ることが可能となる。
これらの新しい機能を付加した「やさしさ、つなぐ」は2018年10月8日より取り扱い開始。
「やさしさ、つなぐ」発売より3年目に突入
三井住友海上プライマリー生命保険株式会社の「やさしさ、つなぐ」は、2016年8月29日に発売を開始し、3年目に突入した。累計販売額は8,000億円を超え、取り扱い金融機関は111代理店にのぼる。
三井住友海上プライマリー生命保険株式会社はこれからも顧客の多様なニーズに魅力的な商品・サービスをもってきめ細かく応えていきたいとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
三井住友海上プライマリー生命保険株式会社ニュースリリース
http://www.ms-primary.com/news/pdf/2018/20_2018_0009.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)